最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Stateflow チャートのアニメーション化

アニメーション速度の設定

シミュレーション中に、アニメーションによって、チャートが適切に動作するかどうかを視覚的に確認できます。アニメーションでは、チャート内のアクティブなオブジェクトが実行時に強調表示されます。Simulink® モデル内のチャートでは、チャート アニメーションについて、シミュレーション中の速度を制御したり、オフにしたりできます。Stateflow® エディターの [デバッグ] タブで、[アニメーション速度] から次を選択します。

  • 超高速

  • 高速

  • 中速

  • 低速

  • なし

[超高速] アニメーションは強調表示をバッファー処理することにより最高のシミュレーション速度を提供します。[超高速] アニメーション中は、より最近強調表示されたオブジェクトが、より鮮明な水色で表示されます。これらの強調表示は、シミュレーションが進むにつれ消えていきます。

既定のアニメーション速度である [高速] では、各タイム ステップでアクティブな強調表示が表されます。各タイム ステップに遅延を追加するには、アニメーション速度を [中速] または [低速] に設定します。

強調表示の保持

シミュレーションの終了後にアクティブ ステートの強調表示をチャート内に保持するには、[デバッグ] タブで、[シミュレーション終了後にアクティブ ステートの強調表示を保持] を選択します。

アニメーションを無効にする

Stateflow チャートでは既定でアニメーションは有効になっています。チャートのアニメーションをオフにするには、[デバッグ] タブで、[アニメーションの強調表示を削除] を選択します。

ターゲット システムにおける生成コード実行時のチャートのアニメーション化

Simulink Coder™ をお持ちの場合、エクスターナル モードを使用して Simulink モデルと、ターゲット システムにダウンロードされ、実行されている生成コードとの間の通信を確立できます。Stateflow ソフトウェアはエクスターナル モード通信チャネルを使用してチャートの状態をアニメーション化できます。また、ローカル スコープのチャート データをテスト ポイントに指定し、テスト ポイント データをフローティング スコープおよび信号ビューアーで表示できます。

詳細については、以下を参照してください。

.