Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

ブレークポイント後のチャート実行の制御

Stateflow® チャートのシミュレーションがブレークポイントで一時停止すると、チャートはデバッグ モードに入ります。チャートのステートを調べてシミュレーションをステップ実行することができます。詳細については、Stateflow チャートのデバッグを参照してください。

チャートのステートの調査

Stateflow チャートがデバッグ モードに入ると、エディターではアクティブな要素が青色、現在実行されているオブジェクトが緑色で強調表示されます。たとえば、次のチャートは HIGH ステートの entry ブレークポイントで一時停止しています。アクティブ ステート (On) は青色で強調表示され、現在実行中のサブステート (HIGH) は緑色で強調表示されています。

シミュレーションが一時停止しているグラフィカル オブジェクトに、実行ステータスを示すバッジが表示されます。

バッジ説明

シミュレーションがチャートに入る前か、ステートの entry アクション内で一時停止。

シミュレーションがステートの during アクション、グラフィカル関数または真理値表関数内で一時停止。

シミュレーションがステートの exit アクション内で一時停止。

シミュレーションが遷移のテストを行う前に一時停止。

シミュレーションが有効な遷移を行う前に一時停止。

実行ステータスを表示するには、バッジにカーソルを合わせます。ツールヒントに次の内容が表示されます。

  • シミュレーションが一時停止している場所

  • シミュレーション時間

  • 現在のイベント (シミュレーションがローカル イベントまたは入力イベントの最中に一時停止している場合)

チャートの値を表示するには、チャート オブジェクトにカーソルを合わせます。ツールヒントに以下が表示されます。

  • 選択したオブジェクトが使用するデータおよびメッセージの値

  • 時相情報 (オブジェクトに時相論理演算子が含まれる場合)

詳細については、デバッグ中のデータおよびメッセージの検査と変更を参照してください。

シミュレーションのステップ実行

チャートがブレークポイントで一時停止しているとき、次を使用してシミュレーションを続けることができます。

  • [デバッグ] タブのボタン

  • MATLAB® コマンド ウィンドウ

  • キーボード ショートカット

アクション[デバッグ] タブのボタンMATLAB コマンドキーボード ショートカット説明
続行

dbcontCtrl + T

次のブレークポイントまでシミュレーションを続行します。

ステップを進める

  

デバッグ モードを終了し、次のタイム ステップの前にシミュレーションを一時停止します。

ステップ オーバー

dbstepF10

チャート実行の次のステップに進みます。チャート レベルでは、以下のようなステップが考えられます。

  • チャートに入る

  • 遷移のテスト

  • 遷移アクションの実行

  • ステートのアクティブ化

  • ステート アクションの実行

詳細については、Stateflow チャートの実行を参照してください。

ステップ イン

dbstep inF11

関数を呼び出すステートまたは遷移のアクションからは、関数内の最初に実行可能なステートメントに進みます。

別の関数呼び出しを含む関数内のステートメントからは、2 番目の関数内で最初に実行可能なステートメントに進みます。

それ以外の場合は、チャート実行の次のステップに進みます ([ステップ オーバー] を参照)。

ステップ アウト

dbstep outShift+F11

関数呼び出しからは、関数を呼び出すステートメントに戻ります。

それ以外の場合は、次のブレークポイントまでシミュレーションを続行します ([続行] を参照)。

カーソル行まで実行

  複数のステートメントを含むステートまたは遷移アクションで、ステートメントのグループをまとめて実行します。
停止

dbquitCtrl + Shift + T

デバッグ モードを終了し、シミュレーションを停止します。

複数のステートメントを含むステート アクションまたは遷移アクションでは、[ステップ オーバー] を選択することにより、個々のステートメントを 1 つずつステップ実行できます。Stateflow エディターでは、各ステートメントが実行前に強調表示されます。

ステートメントのグループをまとめて実行するには、グループ内の最後のステートメントをクリックして [カーソルまで実行] を選択します。

関連するトピック