Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

データ仕様の基礎

データ オブジェクトのプロパティを選択する

データを使用することにより、Stateflow® チャートの動作を制御し、他のチャート、Simulink® ブロック、および MATLAB® ワークスペースと通信します。[シンボル] ペインを使って新しいデータを追加し、未定義または未使用のデータを除去します。プロパティ インスペクターで、スコープ、型、サイズなどのデータ プロパティを制御します。

トピック