Main Content

エレベーター

この例では、エレベーター システムを Simscape Multibody™ でモデル化します。このシステムは、エレベーターの動きとドアの機構を制御するベルト-ケーブル プーリ回路で構成されています。ケーブルは、ベルト-ケーブルの端とエレベーターの間に高剛性のバネを使用することにより、伸張性をもつように近似されます。モーター プーリは、階数の入力から計算される、必要なエレベーター運動学に基づいて作動します。エレベーターに人が乗り降りする効果は、General Variable Mass ブロックを使用してモデル化されます。

モデル

シミュレーション結果

プロットは、エレベーターの高さ、速度、および加速度を示しています。

エレベーター ダイナミクスに対するケーブルの剛性の効果を解析します [1]。

[1] Vladic, J.; Dokic, R.; Kljajin, M.; Karakasic, M.(2011).Modelling and simulations of elevator dynamic behaviour

参考

| | | | | |

関連するトピック