Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

sldvrun

説明

status = sldvrun は、現在のモデルを解析し、モデル カバレッジを提供するテスト ケースまたはモデル プロパティを証明するテスト ケースを生成します。

status = sldvrun(model) は、model を解析し、モデル カバレッジを提供するテスト ケースまたはモデル プロパティを証明するテスト ケースを生成します。

status = sldvrun(subsystem) は、Atomic サブシステム subsystem を新しいモデルに変換し、設計検証解析を新しいモデルで実行します。

status = sldvrun(model, options) は、sldvoptions オブジェクト options を使用して model を解析します。

[status, filenames] = sldvrun(model, options) は、model を解析し、解析時にソフトウェアで作成された filenames を返します。

showUItrue に設定した場合、[status, filenames] = sldvrun(model, options, showUI, startCov) は、解析時にログ ウィンドウを開きます。showUIfalse (既定) に設定した場合、sldvrun は MATLAB® コマンド ラインに出力を表示します。

すべて折りたたむ

sldvoptions パラメーターを設定し、指定したオプションを使用してモデルを解析します。

sldvoptions パラメーターを設定します。

opts = sldvoptions;
opts.Mode = 'TestGeneration';              % Perform test-generation analysis
opts.ModelCoverageObjectives = 'MCDC';     % MCDC coverage
opts.SaveHarnessModel = 'off';             % Don't save harness as model file
opts.SaveReport = 'on';                    % Save the HTML report

sldvdemo_cruise_control モデルを開き、指定したオプションを使用してモデルを解析します。

open_system ('sldvdemo_cruise_control');
[ status, files ] = sldvrun('sldvdemo_cruise_control', opts);

入力引数

すべて折りたたむ

Simulink® モデルへのハンドル。

Simulink モデル内の Atomic サブシステムへのハンドル。

解析オプションを指定する sldvoptions オブジェクト。

解析時にメッセージを表示する場所を示す logical 値。

true の場合、ログ ウィンドウにメッセージを表示します。
false (既定) の場合、コマンド ウィンドウにメッセージを表示します。

ソフトウェアで無視されるモデル カバレッジ オブジェクトを指定する cvdata オブジェクト。

出力引数

すべて折りたたむ

Simulink Design Verifier™ ソフトウェアが生成するファイル名をリストするフィールドをもつ構造体。

DataFile

生の入力データを含む MAT ファイル

HarnessModel

Simulink ハーネス モデル

Report

シミュレーション結果の HTML レポート

ExtractedModel

サブシステムから抽出された Simulink モデル

BlockReplacementModel

ブロック置換後に取得された Simulink モデル

次の値で解析のステータスを示します。

-1

解析の最大処理時間を超過

 0

エラー

 1

処理が正常に完了

代替方法

Simulink Design Verifier で解析を実行するには、[Design Verifier] タブの [モード] セクションで以下のいずれかのオプションを選択します。

  • [設計エラー検出] を選択し、[設計エラー検出] をクリックします。

  • [テスト生成] を選択し、[テスト生成] をクリックします。

  • [プロパティ証明] を選択し、[プロパティ証明] をクリックします。

R2007a で導入