Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

sldvcompat

モデルに解析との互換性があるかをチェックする

説明

status = sldvcompat(model) は、modelSimulink® Design Verifier™ ソフトウェアとの互換性がある場合に status 1 を返します。それ以外の場合は、sldvcompat によって 0 が返されます。

status = sldvcompat(subsystem) は、Simulink の Atomic サブシステム subsystem を一時的なモデルに変換し、一時的なモデルと Simulink Design Verifier ソフトウェアとの互換性をチェックします。互換性チェックの後、sldvcompat は一時的なモデルを閉じます。

status = sldvcompat(subsystem, options) は、sldvoptions オブジェクト options を使用して、subsystem で指定されたサブシステムに Simulink Design Verifier ソフトウェアとの互換性があるかどうかをチェックします。

status = sldvcompat(model, options, showUI, startCov) は、モデルと Simulink Design Verifier ソフトウェアの互換性をチェックします。showUItrue の場合は、診断ビューアーにエラーが表示されます。それ以外の場合は、MATLAB® コマンド ラインでエラーが表示されます。この解析では、cvdata オブジェクトである startCov で達成されるすべてのモデル カバレッジ オブジェクティブが無視されます。

すべて折りたたむ

sldvdemo_flipflop モデルに Simulink Design Verifier ソフトウェアとの互換性があるかどうかをチェックします。

sldvdemo_flipflop モデル例を開いて互換性をチェックします。

open_system('sldvdemo_flipflop');
status = sldvcompat('sldvdemo_flipflop');

入力引数

すべて折りたたむ

Simulink モデルへのハンドル。

例: 'sldvdemo_flipflop'

Simulink モデル内の Atomic サブシステムへのハンドル。

解析パラメーターを指定する sldvoptions オブジェクト。

解析時にメッセージを表示する場所を示す logical 値。

true の場合、ログ ウィンドウにメッセージを表示します。
false (既定) の場合、コマンド ウィンドウにメッセージを表示します。

モデルのカバレッジ データを含む cvdata オブジェクト。

出力引数

すべて折りたたむ

modelSimulink Design Verifier ソフトウェアとの互換性がある場合、status1 です。それ以外の場合は、sldvcompat によって 0 が返されます。

代替方法

モデルが Simulink Design Verifier と互換性があるかチェックするには、[Design Verifier] タブの [解析] セクションで [互換性の確認] をクリックします。

サブシステムの互換性をチェックするには、サブシステムを右クリックし、[Design Verifier][サブシステムの互換性チェック] を選択します。

R2007a で導入