Main Content

sldvcompat

モデルに解析との互換性があるかをチェックする

説明

status = sldvcompat(model) は、modelSimulink® Design Verifier™ ソフトウェアとの互換性がある場合に status 1 を返します。それ以外の場合は、sldvcompat によって 0 が返されます。

[status, errmsgs] = sldvcompat(model) は、非互換性のリストを返します。

status = sldvcompat(subsystem) は、Simulink の Atomic サブシステム subsystem を一時的なモデルに変換し、一時的なモデルと Simulink Design Verifier ソフトウェアとの互換性をチェックします。互換性チェックの後、sldvcompat は一時的なモデルを閉じます。

status = sldvcompat(subsystem, options) は、sldvoptions オブジェクト options を使用して、subsystem で指定されたサブシステムに Simulink Design Verifier ソフトウェアとの互換性があるかどうかをチェックします。

status = sldvcompat(model, options, showUI, startCov) は、モデルと Simulink Design Verifier ソフトウェアの互換性をチェックします。showUItrue の場合は、診断ビューアーにエラーが表示されます。それ以外の場合は、MATLAB® コマンド ラインでエラーが表示されます。この解析では、cvdata オブジェクトである startCov で達成されるすべてのモデル カバレッジ オブジェクティブが無視されます。

すべて折りたたむ

sldvdemo_flipflop モデルに Simulink Design Verifier ソフトウェアとの互換性があるかどうかをチェックします。

sldvdemo_flipflop モデル例を開いて互換性をチェックします。

open_system('sldvdemo_flipflop');
status = sldvcompat('sldvdemo_flipflop');

入力引数

すべて折りたたむ

Simulink モデルへのハンドル。文字ベクトルまたは string スカラーとして指定します。

例: 'sldvdemo_flipflop'

Simulink モデル内の Atomic サブシステムへのハンドル。

解析パラメーター。sldvoptions オブジェクトの名前を含む文字ベクトルまたは string スカラーとして指定します。

解析時にメッセージを表示するかどうか。次のように指定します。

true の場合、ログ ウィンドウにメッセージを表示します。
false (既定) の場合、コマンド ウィンドウにメッセージを表示します。

モデルのカバレッジ データ。cvdata オブジェクトの名前を含む文字ベクトルまたは string スカラーとして指定します。

出力引数

すべて折りたたむ

model に互換性があるかどうか。logical として返されます。modelSimulink Design Verifier ソフトウェアとの互換性がある場合、status1 です。それ以外の場合は、sldvcompat によって 0 が返されます。

非互換性のリスト。構造体として返されます。modelSimulink Design Verifier との互換性がある場合、errmsgs[] (空) を返します。model が互換しない場合、errmsgs は非互換性のリストを返す struct です。

代替方法

モデルが Simulink Design Verifier と互換性があるかチェックするには、[Design Verifier] タブの [解析] セクションで [互換性の確認] をクリックします。

サブシステムの互換性をチェックするには、サブシステムを右クリックし、[Design Verifier][サブシステムの互換性チェック] を選択します。

バージョン履歴

R2007a で導入