Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

sldvgencov

モデルを解析して未達モデル カバレッジを取得する

説明

[status, cvdo] = sldvgencov(model, options, showUI, startCov) は、sldvoptions オブジェクト options を使用してモデル model を解析します。

[status, cvdo] = sldvgencov(block, options, showUI, startCov) は、sldvoptions オブジェクト options を使用して Atomic サブシステム block を解析します。

[status, cvdo, filenames] = sldvgencov(model, options, showUI, startCov) は、model を解析し、ソフトウェアが作成したファイル名を filenames で返します。

[status, cvdo, filenames, newmodel] = sldvgencov(block, options, showUI, startCov) は、sldvoptions オブジェクト options を使用して block を解析します。このソフトウェアは、block サブシステムのコピーが含まれている newmodel へのハンドルを返します。

すべて折りたたむ

カバレッジ データを解析して未達カバレッジ データを収集します。

クルーズ コントロール モデルを解析し、以前の解析のテスト ケースのデータを使用してそのモデルのバージョンをシミュレートます。モデル カバレッジ データを比較し、sldvdemo_cruise_control_mod モデルの解析から未達カバレッジを収集します。

opts = sldvoptions;
% Generate test cases
opts.Mode = 'TestGeneration';
% Specify MCDC coverage
opts.ModelCoverageObjectives = 'MCDC';
% Don't create harness model
opts.SaveHarnessModel = 'off';
% or report
opts.SaveReport = 'off';
open_system 'sldvdemo_cruise_control';
[ status, files ] = sldvrun('sldvdemo_cruise_control', opts);
open_system 'sldvdemo_cruise_control_mod';
[ outData, startCov ] = sldvruntest('sldvdemo_cruise_control_mod',...
    files.DataFile, [], true);
cvhtml('Coverage with the original test suite', startCov);
[ status, covData, files ] = sldvgencov('sldvdemo_cruise_control_mod',...
    opts, false, startCov);

入力引数

すべて折りたたむ

Simulink® モデル内の Atomic サブシステムへのハンドル。

Simulink モデルへのハンドル。

解析パラメーターを指定する sldvoptions オブジェクト。

解析時にメッセージを表示する場所を示す logical 値。

true の場合、ログ ウィンドウにメッセージを表示します。
false の場合 (既定)、MATLAB® コマンド ウィンドウにメッセージを表示します。

cvdata オブジェクト。この解析では、startCov で既に達成されているモデル カバレッジ オブジェクティブを無視します。

出力引数

すべて折りたたむ

新しいテスト用のカバレッジ データを含む cvdata オブジェクト。

解析の結果から得たファイル名をリストするフィールドをもつ構造体。

DataFile

生の入力データを含む MAT ファイル

HarnessModel

Simulink ハーネス モデル

Report

結果の HTML レポート

ExtractedModel

サブシステムから抽出された Simulink モデル

BlockReplacementModel

ブロック置換後に取得された Simulink モデル

解析でモデル カバレッジを収集したかどうかを示す logical 値。

解析でモデル カバレッジ データを収集した場合は true
解析でモデル カバレッジ データを収集していない場合は false

API が block で呼び出される場合、Atomic サブシステム block のコピーが含まれる newmodel で新しいモデルにハンドルが返されます。

R2007a で導入