Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

プラントが線形化できないまたは線形化するとゼロになる

PID 調整器を開くと、モデルの初期条件で指定された操作点でモデルを線形化しようとします。場合によっては、PID コントローラーから見たプラントに対して非ゼロの線形システムを PID 調整器で取得できないことがあります。

解決方法

PID ループ内にあるプラント モデルが線形化できない場合やゼロに線形化される場合、PID 調整のための線形プラント モデルを取得するオプションはいくつかあります。次の表は、オプションの一部とそれらが役立つ状況をまとめています。

方法役立つ状況詳細情報
異なる操作点で線形化

調整に適した次のような既知の操作点がある:

  • プラントが線形化可能な定常状態にある、シミュレーションのスナップショット時間。

  • プラントが線形化可能な、既知の状態値または以前に平衡化した操作点。

異なる操作点での調整
プラントの線形モデルを PID 調整器にインポートMATLAB® ワークスペースに調整のための目的の操作条件におけるプラントの LTI モデルがある。 PID 調整器[Plant] メニューで、[インポート] を選択します。
シミュレートしたプラント周波数応答データを使用してコントローラーを調整調整に適したいずれの操作条件でもプラントを線形化できない。プラント周波数応答データからの PID コントローラーの設計
システム同定を用いて測定またはシミュレートした応答データから線形プラント モデルを推定System Identification Toolbox™ ソフトウェアを使用している。この方法の利点は、追加の解析に使用できる解析的なプラント モデルが得られることです。測定またはシミュレーションで得られた応答データから対話的にプラントを推定

関連するトピック