Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

仕様からの定常状態の操作点の計算

モデルの状態、出力、および入力に対する制約を指定して、これらの制約を満たすモデルの操作条件を検出することにより、Simulink® モデルの定常状態の操作点を計算できます。状態、入力、または出力の仕様の任意の組み合わせを満たすようにモデルを平衡化することができます。この方法で操作点を計算することを "平衡化" と呼びます。定常状態の操作点の詳細については、操作点についてを参照してください。

次の方法で Simulink モデルを平衡化できます。

平衡化ツールの選択の詳細については、定常状態の操作点の計算を参照してください。

状態仕様では、モデル状態の値を既知の値や範囲に制約することができます。定常状態にない状態の導関数の範囲も定義できます。このような制約を使用して、導関数を既知の非ゼロ値に平衡化したり、定常状態に到達できない状態について導関数の許容誤差を指定することができます。状態仕様に基づいてモデルを平衡化する例については、モデル線形化器を使用した仕様からの操作点の計算を参照してください。

ルートレベルの任意の入力端子または出力端子を既知の値や範囲に制約することができます。Simulink モデル内の信号に出力仕様を追加することもできます。この方法で出力仕様を追加する例については、定常状態マネージャーを使用した仕様からの操作点の計算を参照してください。

平衡化が失敗した場合、つまり最適化探索ですべての仕様が満たされなかった場合、平衡化された操作点を元の仕様に対して検証し、満たすことのできなかった仕様を特定します。詳細については、仕様に対する操作点の検証を参照してください。

モデルを平衡化した後、次のことが可能です。

参考

関数

アプリ

関連するトピック