ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

構造体

定義とサポートされている構造体操作

ブロック

MATLAB Function組み込み C コードを生成する MATLAB コードをモデルに含める
MATLAB SystemSystem object をモデルに含める

関数

coder.cstructname生成されたコードでの C 構造体に名前を付ける

例および操作のヒント

MATLAB Function ブロック内での構造体の作成

構造体の作成に関するガイドラインに従います。

構造体パラメーターの定義と使用

[端子とデータの管理] を使用して、構造体変数を MATLAB Function ブロックに追加します。

コード生成のためのスカラー構造体の定義

スカラー構造体に関するコード生成の制限に従います。

コード生成のための構造体の配列の定義

構造体の配列に関するコード生成の制限に従います。

MATLAB Function ブロックへのバス信号の付加

MATLAB Function ブロックで構造体を使用する。

調整不可能な構造体パラメーターを使用した行列の初期化

調整不可能な構造体パラメーター入力を使って行列出力を初期化します。

サブ構造体とフィールドのインデックス付け

MATLAB Function ブロックのフィールド値を個別に参照する。

構造体とフィールドへの値の代入

MATLAB Function ブロックでの構造体とフィールドへの値の代入に関するガイドラインに従う。

大きい構造体を入力パラメーターとして渡す

メモリの問題を回避するには、大きい構造体を参照渡しします。

概念

コード生成のための構造体の定義

コード生成用に MATLAB® コードで構造体を使用します。

コード生成に使用できる構造体の操作

コード生成でサポートされる構造体の操作を使用します。

MATLAB Function ブロック内の構造体のタイプ

構造体は、入力、出力、ローカル変数、永続変数またはパラメーターにすることができます。

構造体の入出力とバス信号とのインターフェイス

MATLAB Function ブロックの構造体の入力および出力をバス信号に接続する。

MATLAB Function ブロックで構造体を定義する場合のルール

MATLAB Function ブロックでの構造体の使用に関する制限に従う。

MATLAB Function ブロック内の構造体とバスの制限事項

MATLAB Function ブロック内の構造体は、MATLAB 構造体で使用可能な操作の一部をサポートしています。