ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

cell 配列

cell 配列の定義と使用、コード生成での相違点

コード ジェネレーターでは、cell 配列を "同種" または "異種混合" として分類します。同種 cell 配列は生成されたコード内で配列として表されます。異種混合 cell 配列は生成されたコード内で構造体として表されます。cell 配列を分類するために、コード ジェネレーターでは要素のプロパティ (クラス、サイズ、実数/複素数) や、プログラムにおける cell 配列の使用方法などのその他の要因が考慮されます。cell 配列のコード生成を参照してください。

関数

coder.cstructname生成されたコードでの C 構造体に名前を付ける
coder.varsize可変サイズのデータの宣言

トピック

cell 配列のコード生成

同種であるか異種混合であるかの分類により、生成されたコードにおける cell 配列の表現方法と、cell 配列の使用方法が決定します。

cell 配列を可変サイズにするかの制御

可変サイズの cell 配列を作成するか、cell 配列を強制的に可変サイズにします。

コード生成における cell 配列の制限事項

cell 配列に関するコード生成の制限に従います。

トラブルシューティング

cell 配列のすべての要素が代入されるか判別できない

cell で作成された可変サイズの cell 配列に対する cell 配列の代入についてトラブルシューティングします。