Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

addSubModelConfigurations

クラス: Simulink.VariantConfigurationData
パッケージ: Simulink

バリアント コンフィギュレーションへのサブモデルに使用するコンフィギュレーション名の追加

構文

vcdataObj.addSubModelConfigurations(nameOfConfiguration,subModelConfigurations)

説明

vcdataObj.addSubModelConfigurations(nameOfConfiguration,subModelConfigurations) では、サブモデルに使用するコンフィギュレーションの名前を指定します。

入力引数

nameOfConfiguration

モデル参照であるサブモデルのコンフィギュレーションの名前。

subModelConfigurations

フィールド ModelNameConfigurationName を含む構造体のベクトル。サブモデルの名前は一意の有効な MATLAB® 変数名でなければなりません。また、コンフィギュレーションの名前は有効な MATLAB 変数でなければなりません。

  1. モデル ファイルにパスを追加します。

    addpath(fullfile(docroot,'toolbox','simulink','examples'));

  2. モデルを読み込みます。

    load_system('slexVariantManagement');
  3. モデルのバリアント コンフィギュレーション データ オブジェクトを取得します。

    vcdataObj = Simulink.VariantConfigurationData.getFor('slexVariantManagement');
  4. 新しいサブモデル コンフィギュレーションを LinInterExpNoNoise に追加します。

    vcdataObj.addSubModelConfigurations('LinInterExpNoNoise',...
      [struct('ModelName', 'slexVariantManagementExternalPlantMdlRef',...
              'ConfigurationName', 'LowFid')])