Main Content

Simulink.sdi.getStorageMode

データのログをディスクまたはメモリのどちらに記録するよう構成されているかをチェック

    説明

    storageMode = Simulink.sdi.getStorageMode は、構成済みのログ保存モードを 'disk' または 'memory' として返します。既定の設定では、ワークスペースおよびシミュレーション データ インスペクターで記録されるログ データはディスクに記録されます。

    すべて折りたたむ

    シミュレーションのログ データがメモリとディスクのどちらに記録されるかを設定できます。既定の設定では、ログ データはディスクに記録され、必要に応じてメモリに読み込まれます。マシンの RAM 容量がディスク スペースより大きい場合、代わりにログ データをメモリに格納することができます。

    関数 Simulink.sdi.getStorageMode を使用して、ログ データの格納先がディスクに設定されているか、メモリに設定されているかをチェックします。

    storageMode = Simulink.sdi.getStorageMode
    storageMode =
    
        'disk'

    出力引数

    すべて折りたたむ

    マシン上のシミュレーション データのログの格納先。'disk' または 'memory' として返されます。

    バージョン履歴

    R2021a で導入