Main Content

Simulink.sdi.setStorageMode

ログ データをディスクとメモリのどちらに記録するかを指定

    説明

    Simulink.sdi.setStorageMode(storageMode) は、storageMode に基づいてログ データをディスクとメモリのどちらに記録するかを設定します。既定の設定では、ワークスペースおよびシミュレーション データ インスペクターで記録されるログ データはディスクに記録されます。

    メモ

    このログ格納モードを変更すると、以前のシミュレーションのデータは削除されます。シミュレーションの実行中にログ格納モードを変更することはできません。

    すべて折りたたむ

    シミュレーションのログ データがメモリとディスクのどちらに記録されるかを設定できます。既定の設定では、ログ データはディスクに記録され、必要に応じてメモリに読み込まれます。マシンの RAM 容量がディスク スペースより大きい場合、代わりにログ データをメモリに格納することができます。

    関数 Simulink.sdi.setStorageMode を使用して、ログ データをメモリに記録するようログを設定します。

    Simulink.sdi.setStorageMode("memory");

    入力引数

    すべて折りたたむ

    マシン上のシミュレーション データのログの格納先。'disk' または 'memory' として指定します。既定の設定では、ワークスペースおよびシミュレーション データ インスペクターで記録されるログ データはディスクに記録されます。

    ログ データをメモリに記録するように格納モードを変更すると、次のことが起こります。

    • 以前のシミュレーションのログ データが削除されます。

    • ログ データに対するサイズ制限の設定はサポートされません。

    シミュレーションの実行中に格納モードを変更することはできません。

    並列ワーカーを構成してデータをメモリに記録する場合、クライアントへのログ データの転送はサポートされません。

    ログ データのメモリへの記録は、ラピッド アクセラレータ シミュレーションまたは Simulink® Compiler™ を使用して展開されたモデルではサポートされません。

    データ型: char | string

    バージョン履歴

    R2021a で導入