Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

Simulink.data.isSupportedEnumObject

列挙オブジェクトが Simulink で有効かどうか判断

説明

enumObject が Simulink® の有効な列挙オブジェクトである場合、valid = Simulink.data.isSupportedEnumObject(enumObject)true を返します。

すべて折りたたむ

基本カラーの列挙型クラスを定義します。

Simulink.defineIntEnumType('BasicColors', ... 
	{'Red', 'Yellow', 'Blue'}, ...
	[0;1;2]);

列挙型クラスのインスタンスが有効であることを確認します。

Simulink.data.isSupportedEnumObject(BasicColors.Yellow)
ans =

  logical

   1

列挙オブジェクトでない入力を使用して関数を呼び出します。

Simulink.data.isSupportedEnumObject(5)
ans =

  logical

   0

入力引数

すべて折りたたむ

定義された列挙型のインスタンス。列挙オブジェクトとして指定します。

例: myEnumObject

出力引数

すべて折りたたむ

入力値が Simulink の有効な列挙オブジェクトを指している場合、validtrue です。それ以外の場合、validfalse です。

R2014b で導入