Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

Simulink.data.isSupportedEnumClass

列挙型クラスが Simulink で有効かどうか判断する

説明

enumClass が Simulink® の有効な列挙型クラスである場合、valid = Simulink.data.isSupportedEnumClass(enumClass)true を返します。

すべて折りたたむ

基本カラーの列挙型クラスを定義してから、そのクラスが有効であることを確認します。

Simulink.defineIntEnumType('BasicColors', ... 
	{'Red', 'Yellow', 'Blue'}, ...
	[0;1;2]);
Simulink.data.isSupportedEnumClass('BasicColors')
ans =

  logical

   1

meta.class オブジェクトを入力として使用して、同じ有効性チェックを実行します。

Simulink.data.isSupportedEnumClass(?BasicColors)
ans =

  logical

   1

meta.class オブジェクトを入力として使用して、Simulink.NumericType が有効な列挙型クラスであるかチェックします。

Simulink.data.isSupportedEnumClass(?Simulink.NumericType)
ans =

  logical

   0

入力引数

すべて折りたたむ

列挙型クラス。文字ベクトルまたは meta.class オブジェクトとして指定します。

例: 'myEnumClass' または ?myEnumClass

出力引数

すべて折りたたむ

入力値が Simulink の有効な列挙型クラスを指している場合、validtrue になります。そうでない場合は、validfalse になります。

R2014b で導入