Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

Simulink.findIntEnumType

Simulink.defineIntEnumType で定義されている列挙クラスを検索

説明

result = Simulink.findIntEnumType(typeName) は、Simulink.defineIntEnumType で定義されているクラス typemeta.class オブジェクトを返します。返された meta.class オブジェクトを使用して、列挙クラスの属性をクエリします。クラスが存在しない場合、関数は空の meta.class オブジェクトを返します。

result = Simulink.findIntEnumType() は、Simulink.defineIntEnumType で定義されたすべての列挙クラスの meta.class オブジェクトを返します。返された meta.class オブジェクトを使用して、列挙クラスの属性をクエリします。

すべて折りたたむ

列挙型を定義します。

Simulink.defineIntEnumType('myEnumType', {'e1', 'e2'}, [1 2]);​

作成した列挙型を確認します。

myResult = Simulink.findIntEnumType('myEnumType')
myResult = 

  class with properties:

                     Name: 'myEnumType'
              Description: ''
      DetailedDescription: ''
                   Hidden: 0
                   Sealed: 0
                 Abstract: 0
              Enumeration: 1
          ConstructOnLoad: 0
         HandleCompatible: 0
          InferiorClasses: {[1×1 meta.class]}
        ContainingPackage: [0×0 meta.package]
     RestrictsSubclassing: 0
             PropertyList: [0×1 meta.property]
               MethodList: [150×1 meta.method]
                EventList: [0×1 meta.event]
    EnumerationMemberList: [2×1 meta.EnumeratedValue]
           SuperclassList: [1×1 meta.class]

2 つの列挙型を定義します。

Simulink.defineIntEnumType('myEnumType1', {'e1', 'e2'}, [1 2]);​
Simulink.defineIntEnumType('myEnumType2', {'e3', 'e4'}, [3 4]);

作成した列挙型を確認します。

myResult = Simulink.findIntEnumType()

入力引数

すべて折りたたむ

Simulink.defineIntEnumType で定義されている特定の列挙クラスの名前。文字ベクトルまたは string として指定します。

例: 'myEnumType'

データ型: char | string

出力引数

すべて折りたたむ

検索結果。meta.class オブジェクトの配列として返されます。列挙型のクラスがない場合、配列は空になります。

R2018b で導入