ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

getEntry

クラス: Simulink.data.dictionary.Section
パッケージ: Simulink.data.dictionary

データ ディクショナリ エントリを表す Simulink.data.dictionary.Entry オブジェクトを作成

構文

entryObj = getEntry(sectionObj,entryName)
entryObj = getEntry(sectionObj,entryName,'DataSource',dictionaryName)

説明

entryObj = getEntry(sectionObj,entryName) は、データ ディクショナリ セクション sectionObj (Simulink.data.dictionary.Entry オブジェクト) で見つかったデータ ディクショナリ エントリ entryName を表す オブジェクトの配列を返します。指定された名前のエントリがデータ ディクショナリの参照階層に複数ある場合、getEntry は複数のオブジェクトを返します。

entryObj = getEntry(sectionObj,entryName,'DataSource',dictionaryName) は、データ ディクショナリ dictionaryName で定義されているデータ ディクショナリ エントリを表すオブジェクトを返します。この構文は、参照データ ディクショナリの階層で複数回定義されているエントリを一意に識別するために使用します。

入力引数

すべて展開する

ターゲットのデータ ディクショナリ セクション。Simulink.data.dictionary.Section オブジェクトとして指定します。この関数を使用する前に、関数 getSection などを使用してターゲットのセクションを Simulink.data.dictionary.Section オブジェクトで表しておきます。

ターゲットのデータ ディクショナリ エントリの名前。文字ベクトルとして指定します。

例: 'myEntry'

データ型: char

ターゲットのエントリを含むデータ ディクショナリのファイル名。拡張子 .sldd を含む文字ベクトルとして指定します。

例: 'mySubDictionary_ex_API.sldd'

データ型: char

出力引数

すべて展開する

ターゲットのデータ ディクショナリ エントリ。1 つ以上の Simulink.data.dictionary.Entry オブジェクトとして返されます。

すべて展開する

データ ディクショナリ myDictionary_ex_API.sldd の [Design Data] セクションを dDataSectObj という名前の Simulink.data.dictionary.Section オブジェクトで表します。

myDictionaryObj = Simulink.data.dictionary.open('myDictionary_ex_API.sldd');
dDataSectObj = getSection(myDictionaryObj,'Design Data');

データ ディクショナリ エントリ fuelFlowfuelFlowObj という名前の Simulink.data.dictionary.Entry オブジェクトで表します。fuelFlow はデータ ディクショナリ myDictionary_ex_API.sldd で定義されています。

fuelFlowObj = getEntry(dDataSectObj,'fuelFlow');

エントリ fuelFlow の値を 493 に設定します。

setValue(fuelFlowObj,493)

データ ディクショナリ myDictionary_ex_API.sldd の [Design Data] セクションを dDataSectObj という名前の Simulink.data.dictionary.Section オブジェクトで表します。

myDictionaryObj = Simulink.data.dictionary.open('myDictionary_ex_API.sldd');
dDataSectObj = getSection(myDictionaryObj,'Design Data');

データ ディクショナリ エントリ myRefEntryrefEntryObj という名前の Simulink.data.dictionary.Entry オブジェクトで表します。myDictionary_ex_API.slddmyRefDictionary_ex_API.sldd を参照し、エントリ myRefEntrymyRefDictionary_ex_API.sldd で定義されています。

refEntryObj = getEntry(dDataSectObj,'myRefEntry','DataSource',...
'myRefDictionary_ex_API.sldd');

エントリ myRefEntry の値を 493 に設定します。

setValue(refEntryObj,493)

R2015a で導入