Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

view

構文

説明

view(a) は、指定された注釈を表示して、一時的に強調表示します。

すべて折りたたむ

プログラムによって注釈を作成、変更、表示します。

新しいモデルを開きます。

open_system(new_system)

関数Simulink.Annotationを使用して、既定のプロパティで注釈を作成します。

a = Simulink.Annotation(gcs,'This is an annotation.');

注釈の作成後、ドット表記を使用してプロパティの値を設定します。たとえば、18 ポイントのフォントと薄い青色の背景を注釈に適用します。

a.FontSize = 18;
a.BackgroundColor = 'lightBlue';

新しい注釈を表示して、一時的に強調表示するには、関数 view を使用します。

view(a)

入力引数

すべて折りたたむ

注釈。Simulink.Annotation オブジェクトとして指定します。

R2006a より前に導入