Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

delete

構文

説明

delete(a) は、指定された注釈を削除します。

すべて折りたたむ

プログラムによって注釈を削除します。

vdp モデルを開きます。

vdp

モデル内の注釈のハンドルを取得するには、関数find_systemを使用します。

h = find_system(gcs,'FindAll','on','Type','annotation');

注釈を特定するには、注釈内のテキストをクエリします。

get_param(h,'PlainText')
ans = 2x1 cell
    {'Copyright 2004-2020 The MathWorks, Inc.'}
    {'van der Pol Equation'                   }

モデル ('van der Pol Equation') のタイトルを削除するには、2 番目のハンドルに対応するSimulink.Annotationオブジェクトを取得します。

a = get_param(h(2),'Object');

モデルから注釈を削除します。

delete(a)

入力引数

すべて折りたたむ

注釈。Simulink.Annotation オブジェクトとして指定します。

R2006a より前に導入