Main Content

Interval Test

指定した区間内に信号が存在するかどうかを判定

  • ライブラリ:
  • Simulink / Logic and Bit Operations

  • Interval Test block

説明

Interval Test ブロックは、[下限] パラメーターと [上限] パラメーターが指定した値の間に入力が存在する場合に true (1) を出力します。このブロックは、これらの値の外側に入力が存在する場合に false (0) を出力します。入力が [下限] または [上限] に等しいときのこのブロックの出力は、[左閉区間] チェック ボックスと [右閉区間] チェック ボックスのどちらをオンにするかによって決まります。

端子

入力

すべて展開する

入力信号。スカラー、ベクトル、行列または N 次元配列として指定します。

制限

入力信号が列挙型の場合、[上限] 値と [下限] 値は同じ列挙型でなければなりません。

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64 | Boolean | fixed point | enumerated

出力

すべて展開する

入力値が指定した区間にあるかどうかを示す出力信号。[出力データ型][boolean] または [uint8] として指定できます。

データ型: uint8 | Boolean

パラメーター

すべて展開する

このチェック ボックスをオンにすると、このブロックが true (1) を出力する区間内に [上限] が含まれます。

プログラムでの使用

ブロック パラメーター: IntervalClosedRight
型: 文字ベクトル
値: 'on' | 'off'
既定の設定: 'on'

このブロックが true (1) を出力する区間の上限。

プログラムでの使用

ブロック パラメーター: uplimit
型: 文字ベクトル
値: スカラー | ベクトル | 行列 | N 次元配列
既定の設定: '0.5'

このチェック ボックスをオンにすると、このブロックが true (1) を出力する区間内に [下限] が含まれます。

プログラムでの使用

ブロック パラメーター: IntervalClosedLeft
型: 文字ベクトル
値: 'on' | 'off'
既定の設定: 'on'

このブロックが true (1) を出力する区間の下限。

プログラムでの使用

ブロック パラメーター: lowlimit
型: 文字ベクトル
値: スカラー | ベクトル | 行列 | N 次元配列
既定の設定: '-0.5'

出力データ型を boolean または uint8 として指定します。

プログラムでの使用

ブロック パラメーター: OutDataTypeStr
型: 文字ベクトル
値: 'boolean' | 'uint8'
既定の設定: 'boolean'

ブロックの特性

データ型

Boolean | double | enumerated | fixed point | integer | single

直達

はい

多次元信号

はい

可変サイズの信号

いいえ

ゼロクロッシング検出

いいえ

拡張機能

C/C++ コード生成
Simulink® Coder™ を使用して C および C++ コードを生成します。

PLC コード生成
Simulink® PLC Coder™ を使用して構造化テキスト コードを生成します。

固定小数点の変換
Fixed-Point Designer™ を使用して固定小数点システムの設計とシミュレーションを行います。

バージョン履歴

R2006a より前に導入