Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

droots

マスク サブシステムのアイコン上に伝達関数を表示する

構文

droots(zero, pole, gain)
droots(zero, pole, gain,'z')
droots(zero, pole, gain,'z-')

説明

droots(zero, pole, gain) は、零点が zero、極が pole、ゲインが gain の伝達関数を表示します。

droots(zero, pole, gain,'z') droots(zero, pole, gain,'z-') は、z または 1/z の項で伝達関数を表現します。

Simulink® がブロック アイコンを描画すると、初期化コマンドが実行され、結果として生成された方程式がブロック アイコン上に表示されます (以下の例を参照)。

  • 零点-極-ゲイン伝達関数を表示するには、次のように入力します。

    droots(z, p, k)
    

    たとえば以下の値の場合、上記のコマンドでは次のようなアイコンが作成されます。

    z = []; p = [-1 -1]; k = 1;
    

アイコンを作成するときに、パラメーターが定義されていない場合やパラメーターに値がない場合、Simulink はアイコンに 3 つの疑問符 (? ? ?) を表示します。[マスク設定] ダイアログ ボックスでパラメーター値を定義すると、Simulink はその伝達関数を評価して得られた式をアイコン内に表示します。

R2007a で導入