Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

text

マスク サブシステムのアイコンの特定の位置にテキストを表示する

構文

text(x, y, 'text')
text(x, y, 'text', 'horizontalAlignment', 'halign', 
  'verticalAlignment', 'valign')
text(x, y, 'text', 'texmode', 'on')

説明

text コマンドは、マスク エディターの [アイコンの単位] オプションで定義されている単位で、点 (x,y) で指定された位置に文字ベクトルを配置します。

text(x,y, text, 'texmode', 'on') を指定すると、text 内で TeX 形式のコマンドを使用することができます。TeX 形式のコマンドを使用すると、アイコン テキストに記号やギリシャ文字を含めることができます。Simulink® がサポートする TeX 形式のコマンドの詳細については、Interpreterを参照してください。

text コマンドでは、オプションとして点 (x, y) に対するテキストの水平方向や垂直方向の相対位置を指定することができます。

text コマンドには、垂直方向の配置に関する次のオプションがあります。

オプション

配置

'left'

指定した点にテキストの左端を合わせます。

'right'

指定した点にテキストの右端を合わせます。

'center'

指定した点にテキストの中心を合わせます。

text コマンドには、垂直方向の配置に関する次のオプションがあります。

オプション

配置

'base'

指定した点にテキストの基線を合わせます。

'bottom'

指定した点にテキストの最下部を合わせます。

'middle'

指定した点にテキストの中心線を合わせます。

'cap'

指定した点にテキストの大文字の行を合わせます。

'top'

指定した点にテキストの最上部を合わせます。

メモ:

この関数 text はそれに対応する MATLAB® 関数と名前が同じですが、このページで説明されている機能しか備えていません。

すべて折りたたむ

マスク アイコン テキスト foobar を中央に配置します。

text(0.5, 0.5, 'foobar', 'horizontalAlignment', 'center')

式をマスク アイコンに左揃えで描画します。

マスク エディターの [アイコンと端子] ダイアログで、[アイコンの単位][正規化] に設定します。

[アイコンを描画するコマンド] テキスト ボックスに次のコマンドを入力します。

text(.05,.5,'{\itEquation:}  \Sigma \alpha^2 + 
\beta^2 \rightarrow \infty, \Pi, \phi_3 = {\bfcool}', 
'hor','left','texmode','on')

R2006a より前に導入