Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

fprintf

マスク サブシステムのアイコン上に変数テキストを中央揃えで表示する

構文

fprintf(text)
fprintf(formatSpec, var)

説明

fprintf コマンドは、書式付きテキストをアイコン上の中心に表示し、var の内容と共に formatSpec を表示することができます。

メモ:

この関数 fprintf はそれに対応する MATLAB® 関数と名前が同じですが、このページで説明されている機能しか備えていません。

formatSpec は、一重引用符で囲まれた文字ベクトルまたは string スカラーになります。

書式演算子

書式演算子はパーセント記号 % で始まり、変換文字で終わります。変換文字は必須です。オプションとして、% と変換文字の間に識別子、フラグ、フィールド幅、精度およびサブタイプ演算子を指定できます (演算子間のスペースは無効です。ここでは読みやすくするためだけに表示されています)。

変換文字

以下の表は、数値データおよび文字データをテキストとして書式設定する変換文字を示しています。

値のタイプ変換詳細

整数、符号付き

%d または %i

基数 10

整数、符号なし

%u

基数 10

%o

基数 8 (8 進法)

%x

基数 16 (16 進法)、小文字の af

%X

%x と同じ。大文字の AF

浮動小数点数

%f

固定小数点表記 (小数点以下の桁数の指定には精度演算子を使用)

%e

3.141593e+00 などの指数表現 (小数点以下の桁数の指定には精度演算子を使用)

%E

%e と同じであるが、3.141593E+00 などの大文字 (小数点以下の桁数の指定には精度演算子を使用)

%g

%e または %f をコンパクトにしたもので、後続のゼロなし (有効桁数の指定には精度演算子を使用)

%G

%E または %f をコンパクトにしたもので、後続のゼロなし (有効桁数の指定には精度演算子を使用)

文字または文字列

%c

単一の文字

%s

文字ベクトルまたは string 配列。出力テキストのタイプは formatSpec のタイプと同じ

コマンド

fprintf('Hello');

は、アイコンにテキスト 'Hello' を表示します。

コマンド

fprintf('Hello = %d',17);

は、10 進表記法の形式 (%d) で変数 17 を表示します。

参考

| |

R2006a より前に導入