Main Content

バリアントのイベントベースのコンポーネント

初期化、リセット、および終了の各イベントと Simulink 関数を条件付きで実行

モデルの初期化、リセット、および終了の各イベントで、サブシステムの実行をバリアント制御の選択に応じてアクティブまたは非アクティブにできます。Simulink® 関数を条件付きで実行することもできます。詳細については、バリアント ソースおよびバリアント シンクによるバリアント条件の伝播を参照してください。

イベントベースのバリアント ブロックの生成コードには、システムのすべてのバリアントの選択を含めることができます。コードのコンパイル前に選択を切り替えることができます。イベント ベースのバリアント ブロックのコード生成の詳細については、Represent Subsystem and Variant Models in Generated Code (Embedded Coder)を参照してください。

ブロック

Initialize Functionモデルの初期化イベントでサブシステムを実行
Reset Functionモデルのリセット イベントでサブシステムを実行
Terminate Functionモデルの終了イベントでサブシステムを実行
Simulink FunctionSimulink ブロックで関数をグラフィカルに定義

クラス

Simulink.VariantControlCreate a variant control variable object
Simulink.Parameterパラメーター値の保存、共有、構成
Simulink.Variantバリアント選択を制御する条件を指定

関数

enumerationクラスの列挙型メンバーと名前

オブジェクト

struct構造体配列