ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

tf2latc

伝達関数フィルター パラメーターのラティス フィルターへの変換

構文

[k,v] = tf2latc(b,a)
k = tf2latc(1,a)
[k,v] = tf2latc(1,a)
k = tf2latc(b)
k = tf2latc(b,'phase')

説明

[k,v] = tf2latc(b,a) では、a(1) で正規化された、IIR (ARMA) ラティス ラダー フィルターのラティス パラメーター k とラダー パラメーター v が求められます。1 つ以上のラティス パラメーターが厳密に 1 であると、誤差が生じることに注意してください。

k = tf2latc(1,a) では、IIR 全極 (AR) ラティス フィルターのラティス パラメーター k が求められます。

[k,v] = tf2latc(1,a) では、スカラーのラダー係数がベクトル v の適切な要素に返されます。v の他のすべての要素は 0 です。

k = tf2latc(b) では、b(1) で正規化された FIR (MA) ラティス フィルターに対して、ラティス パラメーター k が求められます。

k = tf2latc(b,'phase') では、FIR (MA) ラティス フィルターのタイプが指定されます。ここで、'phase' は、以下のいずれかになります。

  • 'max': 最大位相フィルター

  • 'min': 最小位相フィルター

R2006a より前に導入