最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

labelDefinitionsSummary

信号ラベル定義の概要テーブルの取得

説明

T = labelDefinitionsSummary(lbldefs) は、signalLabelDefinition オブジェクトのベクトルである lbldefs に含まれているラベル定義のプロパティを含む table の T を返します。

T = labelDefinitionsSummary(lss) は、labeledSignalSet オブジェクト lss に含まれているラベル定義のプロパティを含む table の T を返します。

T = labelDefinitionsSummary(___,lblname) は、ラベル lblname のプロパティを含む table を返します。

T = labelDefinitionsSummary(___,lblname,'sublbls') は、lblname に定義されたサブラベルのプロパティの table を返します。

すべて折りたたむ

クジラの歌の録音を含むラベル付き信号セットを読み込みます。

load whales
lss
lss = 
  labeledSignalSet with properties:

             Source: {2x1 cell}
         NumMembers: 2
    TimeInformation: "sampleRate"
         SampleRate: 4000
             Labels: [2x3 table]
        Description: "Characterize wave song regions"

 Use labelDefinitionsHierarchy to see a list of labels and sublabels.
 Use setLabelValue to add data to the set.

セットのラベルのプロパティを可視化します。

labelDefinitionsSummary(lss)
ans=3×9 table
      LabelName        LabelType     LabelDataType     Categories     ValidationFunction    DefaultValue             Sublabels             Tag            Description         
    ______________    ___________    _____________    ____________    __________________    ____________    ___________________________    ___    ____________________________

    "WhaleType"       "attribute"    "categorical"    {3x1 string}       {["N/A"   ]}       {0x0 double}    {0x0 double               }    ""     "Whale type"                
    "MoanRegions"     "roi"          "logical"        {["N/A"   ]}       {0x0 double}       {0x0 double}    {0x0 double               }    ""     "Regions where moans occur" 
    "TrillRegions"    "roi"          "logical"        {["N/A"   ]}       {0x0 double}       {0x0 double}    {1x1 signalLabelDefinition}    ""     "Regions where trills occur"

TrillRegions ラベルのプロパティを可視化します。

labelDefinitionsSummary(lss,"TrillRegions")
ans=1×9 table
      LabelName       LabelType    LabelDataType    Categories    ValidationFunction    DefaultValue             Sublabels             Tag            Description         
    ______________    _________    _____________    __________    __________________    ____________    ___________________________    ___    ____________________________

    "TrillRegions"      "roi"        "logical"      {["N/A"]}        {0x0 double}       {0x0 double}    {1x1 signalLabelDefinition}    ""     "Regions where trills occur"

TrillRegions サブラベルのプロパティを可視化します。

labelDefinitionsSummary(lss,"TrillRegions",'sublbls')
ans=1×8 table
     LabelName      LabelType    LabelDataType    Categories    ValidationFunction    DefaultValue    Tag     Description 
    ____________    _________    _____________    __________    __________________    ____________    ___    _____________

    "TrillPeaks"     "point"       "numeric"      {["N/A"]}        {0x0 double}       {0x0 double}    ""     "Trill peaks"

入力引数

すべて折りたたむ

信号ラベル定義。signalLabelDefinition オブジェクトまたは signalLabelDefinition オブジェクトのベクトルとして指定します。

例: signalLabelDefinition("Asleep",'LabelType','roi','LabelDataType','logical') は、患者が睡眠状態である信号の領域にラベルを付けることができます。

ラベル付き信号セット。labeledSignalSet オブジェクトとして指定します。

例: labeledSignalSet({randn(100,1) randn(10,1)},signalLabelDefinition('female')) は、属性 'female' を含むランダム信号の 2 つのメンバーのセットを指定します。

ラベルまたはサブラベル名。ラベルを指定するには、文字ベクトルまたは string スカラーを使用します。サブラベルを指定するには、文字ベクトルの 2 要素 cell 配列または 2 要素 string 配列を使用します。

  • 最初の要素は親ラベルの名前です。

  • 2 番目の要素はサブラベルの名前です。

例: signalLabelDefinition("Asleep",'LabelType','roi') は、臨床試験中に患者が睡眠状態であった信号の領域用に、"Asleep" という名前のラベルを指定します。

例: {'Asleep' 'REM'} または ["Asleep" "REM"] は、患者がレム睡眠状態である信号の領域を指定します。

出力引数

すべて折りたたむ

ラベルのプロパティを含む概要テーブル。

R2018b で導入