ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

rc2ac

反射係数の自己相関列への変換

構文

r = rc2ac(k,r0)

説明

r = rc2ac(k,r0) では、ラティス型の反射係数 k と初期ゼロラグの自己相関 r0 から、離散時間予測誤差フィルターの出力の自己相関係数 r が求められます。

すべて折りたたむ

指定された反射係数ベクトル kr0 により与えられる初期ゼロラグの自己相関に対応する自己相関列を求めます。

k = [0.3090 0.9800 0.0031 0.0082 -0.0082];
r0 = 0.1;
a = rc2ac(k,r0)
a = 6×1

    0.1000
   -0.0309
   -0.0791
    0.0787
    0.0294
   -0.0950

参考文献

[1] Kay, Steven M. Modern Spectral Estimation. Englewood Cliffs, NJ: Prentice-Hall, 1988.

拡張機能

R2006a より前に導入