ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

poly2ac

予測フィルター多項式の自己相関列への変換

構文

r = poly2ac(a,efinal)

説明

r = poly2ac(a,efinal) では、自己回帰予測フィルター多項式 a に対応する自己相関ベクトル r と最終予測誤差 efinal が返されます。r は、係数 a をもつ予測フィルターの出力の自己相関にほぼ等しくなります。a(1) が 1 でない場合、関数 poly2ac では a(1) で予測フィルター多項式が正規化されます。a(1) を 0 に設定することはできません。

すべて折りたたむ

予測フィルター多項式 a と最終予測誤差 efinal が指定された場合に、自己相関列を求めます。

a = [1.0000 0.6147 0.9898 0.0004 0.0034 -0.0077];
efinal = 0.2;
r = poly2ac(a,efinal)
r = 6×1

    5.5917
   -1.7277
   -4.4231
    4.3985
    1.6426
   -5.3126

ヒント

この関数は、実多項式と複素多項式の両方に適用できます。

参考文献

[1] Kay, Steven M. Modern Spectral Estimation. Englewood Cliffs, NJ: Prentice-Hall, 1988.

R2006a より前に導入