ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

ac2rc

自己相関列を反射係数に変換

構文

[k,r0] = ac2rc(r)

説明

[k,r0] = ac2rc(r) は、自己相関列 r に対応する反射係数 k を求めます。r0 には、ゼロラグの自己相関が含まれます。r が行列で、列が自己相関列の個別のチャネルである場合、r0 には、各チャネルのゼロラグの自己相関係数が含まれます。これらの反射係数を使用して、与えられたシーケンス r に近似する自己相関列をもつシーケンスを生成する、ラティス予測フィルターを指定します。

ヒント

この関数は、実数および複素数のいずれのデータにも適用できます。

参考文献

[1] Kay, Steven M. Modern Spectral Estimation. Englewood Cliffs, NJ: Prentice-Hall, 1988.

R2006a より前に導入