ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

blackmanharris

最小 4 項ブラックマン・ハリス ウィンドウ

構文

w = blackmanharris(N)
w = blackmanharris(N,SFLAG)

説明

w = blackmanharris(N) は、列ベクトル wN 点の対称 4 項ブラックマン・ハリス ウィンドウを返します。最小ウィンドウとは、最大サイドローブが最小限に抑えられているということを指します。

w = blackmanharris(N,SFLAG)SFLAG ウィンドウ サンプリングを使用します。SFLAG が取りうる値は、'symmetric' または 'periodic' です。既定の設定は 'symmetric' です。対称ウィンドウと周期的ウィンドウを定義する式は、アルゴリズムにあります。

すべて折りたたむ

32 点の対称ブラックマン・ハリス ウィンドウを作成します。wvtool を使用して結果を表示します。

N = 32;
wvtool(blackmanharris(N))

アルゴリズム

長さが N の対称的な 4 項ブラックマン・ハリス ウィンドウの式は次のとおりです。

w(n)=a0a1cos(2πnN1)+a2cos(4πnN1)a3cos(6πnN1),0nN1

長さが N の周期的な 4 項ブラックマン・ハリス ウィンドウの式は次のとおりです。

w(n)=a0a1cos2πnN+a2cos4πnNa3cos6πnN,0nN1

周期的ウィンドウは N 周期です。

以下の表に係数をリストします。

係数
a00.35875
a10.48829
a20.14128
a30.01168

参考文献

[1] Harris, Fredric J. “On the Use of Windows for Harmonic Analysis with the Discrete Fourier Transform.” Proceedings of the IEEE®. Vol. 66, January 1978, pp. 51–83.

拡張機能

R2006a より前に導入