Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

WVTool

ウィンドウの可視化ツールを起動

説明

ウィンドウの可視化ツールは、ウィンドウ ベクトルの時間領域と周波数領域のプロットを可視化する対話型ツールです。Signal Processing Toolbox™ ソフトウェアを使用して、多くの共通のウィンドウ関数に対するウィンドウ ベクトルを生成することができます。サポートされているウィンドウ関数の一覧については、window を参照してください。

メモ:

ウィンドウの設計と解析用に、関連ツールのウィンドウ デザイナーも用意されています。

WVTool を開く

WVToolは、プログラムでの使用で説明されているいずれかの方法を使用して、プログラムによって開くことができます。

すべて展開する

wvtool を使用して 64 点のハミング ウィンドウ、ハン ウィンドウおよびガウス ウィンドウを表示し比較します。

wvtool(hamming(64),hann(64),gausswin(64))

128 点カイザー ウィンドウを β のさまざまな値と比較します。

wvtool(kaiser(128,1.5),kaiser(128,4.5))

プログラムによる使用

すべて展開する

wvtool(WindowVector) では、WVTool (Window Visualization Tool) が開き、WindowVector で指定したウィンドウ ベクトルの時間領域と周波数領域のプロットが表示されます。WindowVector は実数値の要素をもつ行ベクトルまたは列ベクトルでなくてはなりません。既定の設定では、周波数領域プロットはウィンドウ ベクトル (dB 単位) のフーリエ変換の振幅 2 乗です。Signal Processing Toolbox ソフトウェアを使用して、多くの共通のウィンドウ関数に対するウィンドウ ベクトルを生成することができます。サポートされているウィンドウ関数の一覧については、window を参照してください。

wvtool(WindowVector1,...,WindowVectorN) では、WindowVector1, …, WindowVectorN で指定されるウィンドウ ベクトルの時間と周波数の領域プロットをもつ WVTool が開きます。

H = wvtool(...) では、Figure ハンドル H が返されます。

詳細

すべて展開する

R2006a より前に導入