Main Content

ROS Toolbox 入門

ROS ベースのアプリケーションの設計、シミュレーションおよび展開

ROS Toolbox は、MATLAB® と Simulink® を Robot Operating System (ROS および ROS 2) に接続するインターフェイスを提供します。これにより ROS ノードのネットワークを作成できます。このツールボックスには、rosbag ファイルに記録されている ROS データのインポート、解析および再生を行うための MATLAB 関数および Simulink ブロックが含まれています。また、ライブ ROS ネットワークに接続して ROS メッセージにアクセスすることもできます。

ツールボックスを使用すると、デスクトップ シミュレーション、および Gazebo などの外部ロボット シミュレーターへの接続を使用して、ROS ノードを検証できます。ROS Toolbox は C++ コードの生成 (Simulink Coder™ を使用) をサポートするため、Simulink モデルから ROS ノードを自動的に生成して、シミュレートされたハードウェアまたは実際のハードウェアに展開することができます。Simulink のエクスターナル モードがサポートされるため、モデルをハードウェアで実行している間にメッセージの表示およびパラメーターの変更ができます。

チュートリアル

    ROS

    ROS 入門

    Robot Operating System (ROS) は、ロボット システムのさまざまな部分が相互に検出し、これらの間でデータを送受信できるようにする通信インターフェイスです。

    Get Started with ROS in Simulink®

    This example shows how to use Simulink blocks for ROS to send and receive messages from a local ROS network.

    Work with Basic ROS Messages

    Messages are the primary container for exchanging data in ROS. Topics and services use messages to carry data between nodes. (See ROS のパブリッシャーおよびサブスクライバーとのデータ交換 and Call and Provide ROS Services for more information on topics and services)

    ROS のパブリッシャーおよびサブスクライバーとのデータ交換

    ROS ノードがデータを交換するための主なメカニズムは、"メッセージ" を送受信することです。

    Gazebo およびシミュレートされた TurtleBot の入門

    この例では、Gazebo® シミュレーター エンジンの設定方法を説明します。

    ROS 2

    Get Started with ROS 2

    Robot Operating System 2 (ROS 2) is the second version of ROS, which is a communication interface that enables different parts of a robot system to discover, send, and receive data. MATLAB® support for ROS 2 is a library of functions that allows you to exchange data with ROS 2 enabled physical robots or robot simulators such as Gazebo®. ROS 2 is built on Data Distribution Standard (DDS) which is an end-to-end middleware that provides features such as discovery, serialization and transportation. These features align with the design principles of ROS 2 such as distributed discovery and control over different "Quality of Service" options for transportation. DDS uses Real Time Publish-Subscribe (RTPS) protocol which provides communication over unreliable network protocols such as UDP. For more information, see RTPS.

    Get Started with ROS 2 in Simulink®

    This example shows how to use Simulink blocks for ROS 2 to send and receive messages from a local ROS 2 network.

    Work with Basic ROS 2 Messages

    ROS messages are the primary container for exchanging data in ROS 2. Publishers and subscribers exchange data using messages on specified topics to carry data between nodes. For more information on sending and receiving messages, see ROS 2 のパブリッシャーとサブスクライバーとのデータ交換.

    ROS 2 のパブリッシャーとサブスクライバーとのデータ交換

    ROS 2 ノードがデータを交換するための主なメカニズムは、"メッセージ" を送受信することです。

Robot Operating System について