最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Simscape 実行時パラメーターについて

Simscape™ 実行時パラメーターは、実行時に構成可能な MATLAB® 変数または Simulink.Parameter オブジェクトです。既定では、実行時に構成可能なパラメーターはコード生成時にインライン化されません。そのため、これらは定数としてではなく変数としてコーディングされます。その値は、シミュレーション前またはシミュレーション間に、モデルを再コンパイルすることなく変更できます。

Simscape 実行時パラメーターを使用すると、コンパイル時に構成可能なパラメーターよりも効率的に作業できます。実行時パラメーターを使用することで、次のような場合のパラメーター値の変更においてモデルを再コンパイルする作業を省略できるためです。

  • 開発用コンピューター上での高速リスタートによる反復的なシミュレーションの間

  • 開発用コンピューターの参照モデル内

  • ラピッド アクセラレータ (Rsim) モード、またはリアルタイム ターゲット ハードウェアで生成されたコード内

これらのタイプのシミュレーションで Simscape 実行時パラメーターを使用する方法の詳細については、Simscape 実行時パラメーターの使用によるパラメーター スイープ効率の向上を参照してください。

既定では、すべての Simscape ブロック パラメーターはコンパイル時に構成可能なパラメーターです。モデル内または生成されたコード内において、コンパイル時に構成可能なパラメーターの値を変更するには、モデルを再コンパイルしなければなりません。したがって、コンパイル時パラメーターの値は、開発用コンピューター上のプラント モデルでしか変更できません。Simscape ブロック パラメーターを実行時構成可能に指定するには、パラメーターのダイアログ ボックスの隣にある実行時コンフィギュレーション設定を [Compile-time] から [Run-time] に変更します。次の図に、Simscape 電圧供給ブロックの [定電圧] パラメーターの実行時コンフィギュレーション設定を示します。

ヒント

[実行時] オプションを表示するには、Simscape 設定を、実行時の設定を表示するように指定します。詳細については、Simscape 実行時パラメーターの設定の表示を参照してください。

開発用コンピューターとターゲット コンピューターの Simscape 実行時パラメーターを指定および変更する方法を示す例については、Simscape 実行時パラメーターの指定と変更ターゲット ハードウェア上でのパラメーター値の変更を参照してください。

Simscape では、一部のダイアログ ボックス パラメーターの実行時構成可能性をサポートしますが、すべてではありません。特定のパラメーターを Simscape 実行時パラメーターとして指定できるかどうか判断するには、パラメーターのブロック ダイアログ ボックスの実行時設定を調べます。ブロック ダイアログ ボックスで、有効化された実行時設定がパラメーターの隣に表示された場合、パラメーターを実行時構成可能に指定できます。実行時設定がないか、有効になっていない場合、パラメーターはコンパイル時にのみ構成可能です。コンパイル時にのみ構成可能なパラメーターを Simscape 実行時パラメーターとして指定することはできません。

Simscape 実行時パラメーターを使用すると反復シミュレーションの効率性が向上しますが、生成するコードの効率性が減少する場合があります。コンパイル時パラメーターまたはインライン化された実行時パラメーターが含まれるコードは、パラメーター値を格納または取得する必要がないため、より計算効率に優れています。既定のパラメーター動作で、コード生成をインラインに設定すると、生成コードのアルゴリズムによって、すべてのブロック パラメーターの数値が定数としてインライン化されます。

どのようなときに Simscape 実行時パラメーターをインライン化するかを判断するために役立つ情報の詳細については、Simscape 実行時パラメーターのインライン化による計算コストの削減を参照してください。Simscape 実行時パラメーターをインライン化する方法については、Simscape 実行時パラメーターの管理を参照してください。

Simscape 実行時パラメーターは Simulink® の調整可能なパラメーターと似ていますが、まったく同じではありません。たとえば、調整可能なパラメーターの値を変更する場合は、シミュレーションが実行中、停止中のどちらであっても再コンパイルを省略できます。モデルを再コンパイルせずに実行時に構成可能なパラメーターの値を変更できるのは、シミュレーションの停止中のみです。2 種類のパラメーターの違いの詳細については、Simscape の実行時パラメーターと Simulink の調整可能なパラメーターの違いを参照してください。

制限

実行時パラメーターでは、以下のデータ型はサポートされません。

  • 構造体

  • cell 配列

関連するトピック