最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Simscape の実行時パラメーターと Simulink の調整可能なパラメーターの違い

Simscape™ の実行時パラメーターと Simulink® の調整可能なパラメーターではどちらも、開発用コンピューターまたはターゲット コンピューター上のパラメーター値を、モデルを再コンパイルせずに変更できます。ただし、次の重要な点で違いがあります。

  • Simulink の調整可能なパラメーターの値は、シミュレーションの実行中に変更できます。Simscape の実行時パラメーターは実行時に構成可能です。実行時に構成可能なパラメーターの値をシミュレーションの実行中に変更することはできません。実行時に構成可能なパラメーターの値を変更できるのは、シミュレーションが停止しているときのみです。

  • Simulink の調整可能なパラメーターは既定で調整可能です。Simscape ブロック パラメーターは、既定ではコンパイル時に構成可能です。Simscape ブロック パラメーターを実行時に構成できるようにするには、そのような指定を行います。

  • Simulink の調整可能なパラメーターはフィールドごとに調整できます。調整可能なパラメーターは、ブロック ダイアログ ボックスのパラメーター設定を使って数値を変更するだけで変更できます。Simscape の実行時パラメーターは変数ごとに調整可能です。Simscape 実行時パラメーターの値を変更するには、次の操作を行います。

    1. ブロック ダイアログ ボックスの設定でパラメーターの変数を指定します。

    2. コマンド プロンプト、コールバック、スクリプト、MAT ファイルなどの入力ツールを使用して、MATLAB® ワークスペース内の変数に値を代入します。

    3. 入力ツールを使用して、変数の値を変更します。

  • コード生成に向けて、[既定のパラメーター動作][調整可能] または [インライン] に指定します。インライン化されたパラメーターは定数としてコンパイラで指定されるため、生成コードで変更できません。調整可能なパラメーターの値は変更可能なグローバル変数または構造体フィールドとしてコンパイラで指定されるため、生成コードで変更できます。

    既定の動作を [調整可能] に設定すると、コンパイラはすべての Simscape の実行時パラメーターと Simulink の調整可能なパラメーターを、変更可能なエンティティとして生成コードで指定します。しかし、既定の動作を [インライン] に設定すると、コンパイラは Simscape の実行時パラメーターのみをインライン化します。Simulink の調整可能なパラメーターは引き続き、変更可能なエンティティとしてコード内に生成されます。既定の動作が [インライン] である場合に、生成コードにおける特定の Simscape 実行時パラメーターの値を変更するには、そのパラメーターをインライン化の例外として宣言します。

次の表に、実行時パラメーターまたは実行時に構成可能なパラメーターを変更できる、状態、モードおよびコード セクションを示します。

マシン

Simulink シミュレーション モード

シミュレーション ステータス

変更する生成コードのセクション

Simscape の実行時パラメーターが変更可能

Simulink の調整可能なパラメーターが変更可能

開発用ノーマルSimulationStatus は停止該当なし (NA)はいはい
開発用ノーマルSimulationStatus は実行中NAいいえはい
開発用またはターゲット

ノーマル、アクセラレータ、ラピッド アクセラレータ、SIL、PIL またはエクスターナル

SimulationStatus は停止NAはいはい
開発用またはターゲットノーマル、アクセラレータ、ラピッド アクセラレータ、SIL、PIL またはエクスターナルSimulationStatus は実行中NAいいえはい
ターゲットノーマル、SIL、PIL、エクスターナルSimulationStatus は停止セットアップ関数はいはい
ターゲットノーマル、SIL、PIL、エクスターナルSimulationStatus は実行中
  • Simulink グローバル変数のステップ関数

  • Simulink パラメーター オブジェクトの外部コード

いいえはい

ノーマル モード シミュレーション間では、Simscape の実行時パラメーターや Simulink の調整可能なパラメーターを変更した場合、変更がモデルの構造に影響を与えない限り、高速リスタートを使用して再コンパイルを省略できます。

関連するトピック