最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Simscape 実行時パラメーターの指定と変更

前提条件

Simscape 実行時パラメーターの設定の表示

Simscape™ 実行時パラメーターを指定するには、ブロック ダイアログ ボックスのパラメーター設定を使用します。ただし、MATLAB® 設定を使用して既定の動作を変更しない限り、Simscape のブロック ダイアログ ボックスのパラメーター設定には実行時設定が表示されません。既定の動作を設定して、実行時に構成可能な Simscape パラメーターの実行時パラメーター設定を表示する方法を示す例については、Simscape 実行時パラメーターの設定の表示を参照してください。

コード生成時の既定のパラメーター動作の設定

Simscape 実行時パラメーターは、コード生成時の既定のパラメーター動作設定に依存します。モデルを再コンパイルすることなく Simscape 実行時パラメーターの値を変更できるようにそのパラメーターの実行時構成を有効にするには、次の設定が可能です。

  • 既定を [tunable] に設定する。

  • 既定を [inline] に設定し、変更する値でパラメーターの既定の動作をオーバーライドする。

Simscape 実行時パラメーターの既定の動作の設定とオーバーライドの詳細については、Simscape 実行時パラメーターの管理を参照してください。

パラメーターを実行時に構成可能として指定

PM DC Motor モデル例には DC Voltage ブロックがあります。ソースの Constant voltage を指定して、ブロックをパラメーター化します。電圧は Simscape 実行時パラメーターとしてサポートされています。Constant voltage を実行時に構成可能なパラメーターとして指定するには、次の操作を実行します。

  1. モデルを開くには、MATLAB コマンド プロンプトで次を入力します。

    ssc_dcmotor

  2. モデル ウィンドウから、DC Voltage ブロックのパラメーター設定にアクセスします。

  3. Constant voltage を Simscape 実行時パラメーターとして指定するには、実行時設定を [Run-time] に指定します。

  4. [定電圧] パラメーター値を変数 vDC として指定します。

  5. MATLAB ワークスペースの変数に次の数値を代入します。

    vDC = 5;

高速リスタートを使用する Simscape 実行時パラメーターの変更

実行時に構成可能なパラメーターの値を変更することでシミュレーション結果にどのような影響があるかを確認するには、反復的な高速スタート シミュレーションの間に [定電圧] パラメーターの値を変更します。

  1. 高速リスタートを有効にするには、Simulink エディターのツール バーで [高速リスタート] アイコン をクリックします。

  2. モデルをシミュレートするには、Simulink エディターのツール バーで [実行] ボタンをクリックします。

  3. Motor RPM スコープ ブロックを開きます。オートスケールを使用して結果を見やすくします。

  4. 電圧を表す変数に別の値を代入します。

    vDC = 1.5;

  5. モデルのシミュレーションを実行します。

  6. Motor RPM スコープ ブロックを開きます。

    実行時パラメーターの値の変更が結果に反映されます。

関連するトピック