最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Simscape 実行時パラメーターの使用によるパラメーター スイープ効率の向上

Simscape™ 実行時パラメーターは実行時に構成可能です。パラメーター調査中の反復シミュレーション間にパラメーター値を変更しても、再コンパイルを省略できます。コンパイル時に構成可能なパラメーターについては、モデルの再コンパイルなしでは 1 つの値しかテストできません。

高速リスタート、モデル参照またはコード生成時にパラメーター スイープを実行すると、この利点を活用できます。コード生成により、次を使用するシミュレーション実行間で Simscape 実行時パラメーターを更新できます。

  • 開発用ハードウェアまたはターゲット ハードウェア上のラピッド シミュレーション (Rsim)

  • ターゲット ハードウェア上のリアルタイム シミュレーション

実行時に構成可能なパラメーターを使用したモデル参照

Simulink® Model ブロックを使用して、別のモデル内にある 1 つのモデルを表せます。Model ブロックの各インスタンスは、別のモデルへの参照 ("参照モデル" と呼ばれます) を表します。シミュレーションとコード生成では、参照モデルがそれを参照する Model ブロックを実質的に置き換えます。参照モデルの動作を再コンパイルなしで変更するには、グローバル パラメーターまたはモデルの引数を使用して、参照モデル内に Simscape の実行時パラメーター値を指定します。

参照モデルの使用とパラメーター化の詳細については、モデル参照の基礎 (Simulink)と再利用可能な参照モデルのインスタンスのパラメーター化 (Simulink)を参照してください。

実行時に構成可能なパラメーターを使用したコード生成

Simscape 実行時パラメーターは実行時に構成可能です。コードを再コンパイルまたは再配布することなく、幅広いプラント パラメーター値にわたって設計をテストできます。以下の方法があります。

  • プラント モデルと生成コードの両方にある Simscape 実行時パラメーターの値を開発用コンピューター上で変更し、ラピッド シミュレーションまたはリアルタイム シミュレーションで使用できます。

  • シミュレーションを外部ターゲット マシン上の実行可能ファイルとして実行する前に、配布したコードで実行時に構成可能なパラメーターを更新できます。

Simscape 実行時パラメーターをリアルタイム シミュレーションで使用する例については、ターゲット ハードウェア上でのパラメーター値の変更を参照してください。

メモ

ラピッド アクセラレータ (Rsim) モードでは、Simulink Coder™ 製品の一部を使用して実行可能ファイルを作成します。このモードは、Simulink シミュレーションで一般に使用するインタープリター型コードを置き換えるため、モデルの実行時間が短縮されます。Rsim では Simulink Coder コード生成テクノロジーを使用しますが、Rsim を使用してモデルを高速化するためには、開発用コンピューターに Simulink Coder ソフトウェアは必要ありません。

Simscape 実行時パラメーターを使用した高速リスタート

パラメーターを変更する場合、変更によってモデルが構造的に変更されない限り、シミュレーションの実行間にモデルを再コンパイルする必要はありません。ただし、高速リスタートなしでノーマル モード シミュレーションを使用する場合、シミュレーションのたびにモデルがコンパイルされます。新しい値によってモデルの構造が変更されず、再コンパイルのたびに合計シミュレーション時間が増える場合でも、コンパイルは発生します。

Simulink 高速リスタートを使用すると、再コンパイルを行わずにワークスペース変数から Simscape 実行時パラメーターを変更できます。Simscape 実行時パラメーターを指定し、高速リスタートを使用してパラメーター値を変更する方法を示す例は、Simscape 実行時パラメーターの指定と変更を参照してください。

関連するトピック