Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

Simscape 実行時パラメーターの管理

既定では、すべての Simscape™ パラメーターはコンパイル時に構成可能です。コンパイル時パラメーターの値は、開発用コンピューター上のプラント モデルでしか変更できません。

Simscape 実行時パラメーターの設定の表示

サポートされている Simscape パラメーターに関して、構成可能性設定を表示するよう既定の動作を設定する方法については、Simscape 実行時パラメーターの設定の表示を参照してください。

Simscape 実行時パラメーターの指定

一部の Simscape ブロック パラメーターは、コンパイル時にのみ構成可能なパラメーターです。特定の Simscape パラメーターが実行時構成可能かどうかを判断するには、パラメーターのブロック ダイアログ ボックスの設定を調べます。実行時パラメーターが有効で、1 つのパラメーターが実行時構成可能である場合は、隣接する構成可能性設定ドロップダウンが [コンパイル時] に設定されて表示されます。これを [実行時] に変更にして、パラメーターを実行時構成可能に設定できます。Simscape モデルからコードを生成する前の任意のタイミングで、この設定を変更できます。

次の図では、Simscape ブロックの [定電圧] パラメーターの構成可能性設定が有効になっています。パラメーターの構成可能性設定が存在しないか、その設定が無効な場合、そのパラメーターはコンパイル時にのみ構成可能です。

Simscape パラメーターを実行時構成可能になるよう設定する場合は、これを数値のままにすることも、図に示すようにワークスペースで変数を指定することもできます。変数を使用するには、以下を行います。

  1. コマンド プロンプト、コールバック、スクリプト、MAT ファイルなどの入力ツールを使用して、MATLAB® ワークスペース内の変数に値を代入します。

  2. ブロック ダイアログ ボックスの設定でパラメーターの変数を指定します。

  3. 入力ツールを使用して、変数の値を任意に変更します。

どちらの方法でパラメーターを指定しても、新しい値はシミュレーションの再開時に組み込まれます。変数を使用して Simscape 実行時パラメーターを指定する方法を示す例については、Simscape 実行時パラメーターの指定と変更を参照してください。

生成コードの既定のパラメーター動作を設定する

既定では、シミュレーションの停止時に、モデルを再コンパイルする必要なく Simscape 実行時パラメーターの値を変更できます。コード生成時の既定のパラメーター動作を [インライン] に変更すると、生成されたコードではすべてのブロック パラメーターの数値が定数としてインライン化されます。インライン パラメーターを使用して生成するコードは、パラメーター値の格納や取得が必要ないため、より計算効率に優れています。

Simscape 実行時パラメーターの既定の動作を設定するには、次を行います。

  1. モデル コンフィギュレーション パラメーターを開きます。[モデル化] タブで、[モデル設定][モデル設定] をクリックします。

  2. [コード生成][最適化] を選択します。

  3. [既定のパラメーター動作] パラメーターの値を選択します。

    • 調整可能 (既定) — Simulink® Coder™ は、シミュレーションの実行間に再コンパイルなしでのパラメーター変更を可能にするデータ構造を生成します。

    • インラインSimulink Coder は、生成する C コードですべてのブロック パラメーターの数値を定数として扱い、変更できないようにレンダリングします。

既定のインライン動作の選択的オーバーライド

指定する最初の実行時構成可能パラメーターは計算コストが最も高く、加えられるコストは追加パラメーターごとに前回よりも低くなります。したがって、インライン化によってモデルの計算コストが大幅に減少していたとしても、選択的にインライン化している個々の Simscape 実行時パラメーターの減少幅はわずかです。しかし、オーバーランの危険性があるモデルに Simscape 実行時パラメーターが含まれている場合は、計算コストを十分に減少させてオーバーランを防止できる可能性があります。

例外のあるインライン化を行うには、次を行います。

  1. [コード生成][最適化] 設定で、[既定のパラメーター動作][インライン] に設定します。

  2. [設定] をクリックして [モデル パラメーター設定] ウィンドウを開きます。

  3. 必要に応じて、個々のパラメーターをインラインから削除します。

関連するトピック