ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

多目的最適化

多目的最適化問題の逐次評価または並列評価による解法

ゴール到達法によって多目的の問題を解きます。この方法では、各目的のゴールを選択すると、ソルバーがすべてのゴールを同時に満たす、または満たさない程度が比較的等しくなる点を見つけようとします。この問題の重要で特別なケースの 1 つは、目的関数の最大値の最小化です。この問題には fminimax という特別なソルバーがあります。

関数

fgoalattain多目的ゴール到達問題を解く
fminimaxミニマックス制約付き問題を解く

トピック

多目的の解法

パレート フロントの生成とプロット

2 つの目的をもつ問題でパレート フロントをプロットする方法を示す例。

fminimax と fminunc の比較

ソルバーではなく専用の関数 fminimax を使って問題を平滑化することによってミニマックス問題をより適切に解く方法を示します。

多目的ゴール到達の最適化

この例では、多目的ゴール到達を使用して極配置の問題を解く方法を示します。

Simulink モデルでの fminimax の使用

シミュレーションにおける最大の誤差を最小化する方法を示す例。

fgoalattain を使用した信号処理

多目的ゴール到達を使用したフィルター設計を示す例。

ミニマックス最適化

この例では、非線形フィルター設計問題を解く方法を示します。

並列計算

Optimization Toolbox での並列計算とは

最適化に複数のプロセッサを使用します。

Optimization Toolbox での並列計算の使用

並列での自動勾配推定です。

並列計算によるパフォーマンスの向上

最適化の高速化に関する考慮事項です。

アルゴリズムとその他の理論

多目的関数の最適化アルゴリズム

n 次元の多目的関数を最小化します。

最適化オプション リファレンス

最適化オプションの説明。