ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

ソース管理の統合

MATLAB® のソース管理システムとのインターフェイス

トピック

一般のソース管理

MathWorks ソース管理の統合について

MATLAB を使用して、ソース管理の対象ファイルを処理します。更新、コミット、変更のマージおよびリビジョン履歴の表示を、現在のフォルダー ブラウザーから直接実行できます。

ソース管理システムの選択または無効化

既定の設定では、MathWorks® ソース管理の統合がオンになっています。ソース管理システムを選択または無効化できます。

比較とマージに MATLAB を使用するための外部ソース管理のカスタマイズ

MATLAB 比較ツールを使用して外部のソース管理ツールからの比較とマージを行います。

Subversion (SVN)

SVN リポジトリからのチェックアウト

ソース管理からファイルを取得することによってリポジトリの新しいローカル コピーを作成します。

新しいリポジトリの作成

現在ソース管理の対象ではないファイルにバージョン管理を追加するには、新しいリポジトリを作成します。

SVN ソース管理の設定

MATLAB はビルトイン SVN 統合を提供します。

ソース管理に追加するファイルへのマーク

ソース管理の対象フォルダーに新しいファイルを作成するときに、そのファイルをソース管理に追加するようマークします。

ソース管理対象のファイルの移動、名前の変更、または削除

ファイルの移動、名前の変更、削除は、MATLAB ソース管理のコンテキスト メニュー オプションまたは他のソース管理クライアント アプリケーションを使用して行ってください。

SVN ファイルのステータスとリビジョンの更新

ファイルのソース管理ステータスを更新し、ファイルのローカル コピーを更新する。

SVN ファイルのロック

ファイルの編集前にファイルをロックすることをお勧めします。ロックすることによって、他のユーザーにファイルが編集中であることが示され、マージの問題を防ぐことができます。

ソース管理での変更の確認

ファイルの履歴を閲覧するか、ファイルのバージョンを比較する。

変更済みファイルのソース管理へのコミット

変更を確認し、新規ファイルをソース管理に追加するようマークした後、ファイルをコミットできます。

ソース管理の競合の解決

ファイルをコミットする際に競合に関するメッセージが表示された場合、競合を調べて解決します。

ソース管理で変更を元に戻す

ファイルのローカルな変更を削除するか、ファイルを指定したリビジョンに戻します。

Git

Git リポジトリからのクローン

リモート Git™ リポジトリをクローンしてリポジトリ ファイルを取得します。

新しいリポジトリの作成

現在ソース管理の対象ではないファイルにバージョン管理を追加するには、新しいリポジトリを作成します。

Git ソース管理の設定

MATLAB への Git の統合により、ブランチの作成とマージをサポートする分散ソース管理が可能になります。Git を使用して MATLAB にブランチをマージする場合、コマンド ライン Git クライアントもインストールしなければなりません。サードパーティのソース管理ツールを使用する場合、ファイルの破損を回避するためバイナリ ファイルを登録しなければなりません。

ソース管理に追加するファイルへのマーク

ソース管理の対象フォルダーに新しいファイルを作成するときに、そのファイルをソース管理に追加するようマークします。

ソース管理対象のファイルの移動、名前の変更、または削除

ファイルの移動、名前の変更、削除は、MATLAB ソース管理のコンテキスト メニュー オプションまたは他のソース管理クライアント アプリケーションを使用して行ってください。

Git ファイルのステータスとリビジョンの更新

リポジトリ内のファイルのソース管理ステータスを更新し、リポジトリ内のファイルの更新を取得する。

ソース管理での変更の確認

ファイルの履歴を閲覧するか、ファイルのバージョンを比較する。

変更済みファイルのソース管理へのコミット

変更を確認し、新規ファイルをソース管理に追加するようマークした後、ファイルをコミットできます。

ソース管理の競合の解決

ファイルをコミットする際に競合に関するメッセージが表示された場合、競合を調べて解決します。

Git でのブランチとマージ

ブランチを作成、マージまたは削除するか、別のブランチに切り替えます。

Git でのファイルのプル、プッシュおよび取得

このワークフローを使用して、リモート リポジトリを操作します。Git では、2 ステップのワークフローがあります。最初にローカル変更をコミットし、次にリモート リポジトリにプッシュします。

ソース管理で変更を元に戻す

ファイルのローカルな変更を削除するか、ファイルを指定したリビジョンに戻します。