ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

speye

スパース単位行列

構文

S = speye(m,n)
S = speye([m n])
S = speye(n)
S = speye

説明

S = speye(m,n)S = speye([m n]) は、主対角成分上に 1 をもつ mn 列のスパース行列を作成します。

S = speye(n)speye(n,n) の省略形です。

S = speye は、1 行 1 列の単位行列のスパース型を返します。

I = speye(1000) は、スパース表現の 1000 行 1000 列の単位行列を作り、16KB のメモリを必要とします。これは、I = sparse(eye(1000,1000)) と同じ結果になりますが、非スパース行列の表現では、一時的に、8 MB のメモリを必要とします。

拡張機能

C/C++ コード生成
MATLAB® Coder™ を使用して C および C++ コードを生成します。

R2006a より前に導入