Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

ribbon

構文

ribbon(Y)
ribbon(X,Y)
ribbon(X,Y,width)
ribbon(axes_handle,...)
h = ribbon(...)

説明

ribbon(Y) は、X = 1:size(Y,1) を使用して、Y の列を一定幅の 3 次元のリボンとしてプロットします。リボンは、単位の 4 分の 3 の幅で単位区間の目盛りの中央にある x 軸に沿って進みます。リボンは X 内の値をカラーマップ内の色に線形にマップします。グラフ内のリボンの色を変更するには、colormap を変更します。

ribbon(X,Y) は、X で指定された位置を中心として Y のデータに対して 3 次元のリボンをプロットします。X および Y は同じサイズのベクトルまたは行列です。また、X は行ベクトルまたは列ベクトルで、Ylength(X) 行の行列でもかまいません。Y が行列の場合、ribbonY 内の各列を対応する X 位置にリボンとしてプロットします。

ribbon(X,Y,width) は、リボンの幅を指定します。既定値は 0.75です。width = 1 の場合、z 軸を表示するときにリボンは隙間なく接触します。width > 1 の場合、リボンは重なり、交差することがあります。

ribbon(axes_handle,...) は、現在の座標軸 (gca) の代わりにハンドル axes_handle をもつ座標軸にプロットします。

h = ribbon(...) は、surface グラフィックス オブジェクトのハンドルからなるベクトルを返します。ribbon は、一片ごとに 1 つのハンドルを返します。

すべて折りたたむ

関数 peaks のリボン プロットを作成します。

[x,y] = meshgrid(-3:.5:3,-3:.1:3);
z = peaks(x,y);

figure
ribbon(y,z)

Figure contains an axes. The axes contains 13 objects of type surface.

拡張機能

R2006a より前に導入