Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

waterfall

ウォーターフォール プロット

説明

waterfall(X,Y,Z) はウォータフォール プロットを作成します。ウォータフォール プロットは、y 次元に沿って部分的にカーテンを持つメッシュ プロットです。その結果 "ウォータフォール" 効果が得られます。この関数は行列 Z の値を、XY で定義される xy 平面のグリッドの上の高さとしてプロットします。エッジの色は、Z で指定された高さに従って異なります。

waterfall(X,Y,Z,C) は、さらにエッジの色を指定します。

waterfall(Z) はウォータフォール プロットを作成し、Z の要素の列インデックスと行インデックスを x 座標および y 座標として使用します。

waterfall(Z,C) は、さらにエッジの色を指定します。

waterfall(ax,___) は、現在の座標軸ではなく、ax で指定される座標軸にプロットします。座標軸を最初の入力引数として指定します。この引数は、前述の任意の入力構文で使用できます。

p = waterfall(___) は、patch オブジェクトを返します。ウォータフォール プロットを作成した後で変更を加えるには、p を使用します。プロパティの一覧については、Patch のプロパティ を参照してください。

すべて折りたたむ

同じサイズの 3 つの行列を作成します。次に、それらをウォータフォール プロットとしてプロットします。メッシュ プロットでは、Z を高さと色の両方に使用します。

[X,Y] = meshgrid(-3:.125:3);
Z = peaks(X,Y);
waterfall(X,Y,Z)

Figure contains an axes. The axes contains an object of type patch.

4 番目の行列入力 C を使用して、ウォータフォール プロットの色を指定します。ウォータフォール プロットでは、高さに Z、色に C が使用されます。カラー バーをグラフに追加して、C のデータ値がカラーマップの色にどのように対応するかを示します。

[X,Y] = meshgrid(-3:.125:3);
Z = peaks(X,Y);
C = gradient(Z);
waterfall(X,Y,Z,C)
colorbar

Figure contains an axes. The axes contains an object of type patch.

ウォータフォール プロットを作成します。その後の変更を可能にするには、patch オブジェクトを変数 p に代入します。

[X,Y] = meshgrid(-5:.5:5);
Z = Y.*sin(X) - X.*cos(Y);
p = waterfall(X,Y,Z)

Figure contains an axes. The axes contains an object of type patch.

p = 
  Patch with properties:

    FaceColor: [1 1 1]
    FaceAlpha: 1
    EdgeColor: 'flat'
    LineStyle: '-'
        Faces: [21x26 double]
     Vertices: [546x3 double]

  Show all properties

ウォータフォール プロットの作成後に、そのプロパティへのアクセスおよび変更を行うには、p を使用します。たとえば、プロットのエッジの色を変更するには、EdgeColor プロパティを設定します。

p.EdgeColor = 'b';

Figure contains an axes. The axes contains an object of type patch.

入力引数を転置することにより、部分的なカーテンを (y 次元ではなく) x 次元に沿って表示します。

[X,Y] = meshgrid(-3:.125:3);
Z = peaks(X,Y);
waterfall(X',Y',Z')

Figure contains an axes. The axes contains an object of type patch.

入力引数

すべて折りたたむ

x 座標。Z と同じサイズの行列、または、Z が m 行 n 列の行列であるとき長さが n のベクトルとして指定します。XY の値を指定しない場合、waterfall はベクトル (1:n) とベクトル (1:m) を使用します。

patch オブジェクトの XData プロパティに x 座標が格納されます。

例: X = 1:10

例: X = [1 2 3; 1 2 3; 1 2 3]

例: [X,Y] = meshgrid(-5:0.5:5)

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64 | categorical

y 座標。Z と同じサイズの行列、または、Z が m 行 n 列の行列であるとき長さが m のベクトルとして指定します。XY の値を指定しない場合、waterfall はベクトル (1:n) とベクトル (1:m) を使用します。

patch オブジェクトの YData プロパティに y 座標が格納されます。

例: Y = 1:10

例: Y = [1 1 1; 2 2 2; 3 3 3]

例: [X,Y] = meshgrid(-5:0.5:5)

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64 | categorical

z 座標。行列として指定します。Z は少なくとも 2 行 2 列でなければなりません。

Z は、各 x-y 座標でのウォータフォール プロットの高さを指定します。色を指定しない場合、Z はプロット エッジの色も指定します。

patch オブジェクトの ZData プロパティに z 座標が格納されます。

例: Z = [1 2 3; 4 5 6]

例: Z = sin(x) + cos(y)

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64 | categorical

色インデックス配列。Z が m 行 n 列であるとき、m 行 n 列のカラーマップ インデックスの行列として指定します。ウォータフォール プロットの各グリッド点について、C はカラーマップ内の色を示します。patch オブジェクトの CDataMapping プロパティは、C の値がカラーマップの色にどのように対応するかを制御します。

patch オブジェクトの CData プロパティには色配列が保存されます。プロットのカラーリングをさらに制御するには、FaceColor プロパティと EdgeColor プロパティを使用します。

ターゲット座標軸。Axes オブジェクトとして指定します。座標軸を指定しない場合、waterfall は現在の座標軸にプロットします。

ヒント

  • データを行ではなく列として解析するには、転置した引数を使用して waterfall を呼び出します。

    [X,Y] = meshgrid(-3:.125:3);
    Z = peaks(X,Y);
    waterfall(X',Y',Z')

  • patch オブジェクトではなく mesh surface オブジェクトを作成するには、関数 meshz を使用します。ウォータフォール プロットに似たプロットを作成するには、表面の MeshStyle プロパティを 'Row' に設定します。

アルゴリズム

XY および Z の範囲や、座標軸の XLimYLim および ZLim プロパティの現在の設定によって、座標軸の範囲が決まります (axis でも設定できます)。C の範囲や axes の CLim プロパティの現在の設定は、色のスケーリングを決めます (caxis でも設定できます)。

拡張機能

R2006a より前に導入