Main Content

runTestSuite

クラス: matlab.unittest.plugins.TestRunnerPlugin
パッケージ: matlab.unittest.plugins

TestSuite 配列の実行の拡張

説明

runTestSuite(plugin,pluginData) は、TestRunner に渡される TestSuite 配列の部分的な実行を拡張します。このテスト フレームワークは、TestRunnerPluginrunSession メソッドのスコープ内でこのメソッドを評価します。

テスト スイートの個々の部分を実行する例としては、テストを並列実行する (Parallel Computing Toolbox™ が必要) 場合などがあります。この場合、テスト フレームワークは、元のテスト スイートを個別のグループに分割して、現在の並列プール上のワーカーに割り当てます。このフレームワークは、TestSuite 配列全体を分割してできるグループの数と同じ回数 runTestSuite を評価します。

入力引数

plugin

プラグイン オブジェクト。matlab.unittest.plugins.TestRunnerPlugin クラスのインスタンスとして指定します。

pluginData

TestSuite の部分的な情報。matlab.unittest.plugins.plugindata.TestSuiteRunPluginData クラスのインスタンスとして指定します。テスト フレームワークはこの情報を使用してプラグインにテスト内容を記述します。

すべて展開する

classdef ExamplePlugin < matlab.unittest.plugins.TestRunnerPlugin
    methods (Access = protected)
        function runTestSuite(plugin, pluginData)
            
            % Inspect pluginData to get TestSuite size and group
            groupNumber = pluginData.Group;
            totalGroups = pluginData.NumGroups;
            suiteSize = numel(pluginData.TestSuite);
            fprintf('### Running %d tests in group %d out of %d groups\n',...
                suiteSize, groupNumber, totalGroups)
            
            % Invoke the superclass method
            runTestSuite@matlab.unittest.plugins.TestRunnerPlugin(plugin, pluginData);
        end
    end
end

バージョン履歴

R2014a で導入