Main Content

runSession

クラス: matlab.unittest.plugins.TestRunnerPlugin
パッケージ: matlab.unittest.plugins

テスト セッションの実行の拡張

説明

runSession(plugin,pluginData) は、テスト セッション内においてテスト フレームワークによって TestRunner に渡される元の TestSuite 配列の実行を拡張します。このフレームワークは、TestSuite 配列全体に対してこのメソッドを 1 回評価します。

入力引数

すべて展開する

プラグイン オブジェクト。matlab.unittest.plugins.TestRunnerPlugin クラスのインスタンスとして指定します。

テスト スイート全体の情報。matlab.unittest.plugins.plugindata.RunPluginData クラスのインスタンスとして指定します。テスト フレームワークはこの情報を使用してプラグインにテスト内容を記述します。

すべて展開する

プラグイン クラスの runSession メソッドをオーバーライドして、TestSuite 配列全体の要素数を表示します。

classdef ExamplePlugin < matlab.unittest.plugins.TestRunnerPlugin
    
    methods (Access = protected)
        function runSession(plugin, pluginData)
            
            % Inspect pluginData to get TestSuite size
            suiteSize = numel(pluginData.TestSuite);
            fprintf('### Running a total of %d tests\n', suiteSize)
            
            % Invoke the superclass method
            runSession@matlab.unittest.plugins.TestRunnerPlugin(plugin, pluginData);
        end
    end
    
end

バージョン履歴

R2019b で導入