Main Content

matlab.unittest.plugins.plugindata.RunPluginData クラス

パッケージ: matlab.unittest.plugins.plugindata
スーパークラス: matlab.unittest.plugins.plugindata.PluginData

実行される Test 要素について記述するプラグイン データ

R2019b 以降

説明

RunPluginData クラスは、TestRunner によって、メソッド、クラスまたは関数に関連するテストの実行を拡張するプラグイン メソッドに渡されるデータを定義します。TestRunner はこのクラスをインスタンス化するため、クラスのオブジェクトを直接作成する必要はありません。

matlab.unittest.plugins.plugindata.RunPluginData クラスは handle クラスです。

プロパティ

すべて展開する

プラグイン メソッドのスコープ内で実行される Test 要素の名前。文字ベクトルとして指定します。Name プロパティは、情報提供、ラベル付け、表示の目的に使用します。このプロパティを使用して、実行される Test 要素の内容を検査することはできません。

プラグイン メソッドのスコープ内で実行される Test 要素の指定。matlab.unittest.TestSuite 配列として指定します。

TestSuite プロパティの Test 要素の実行結果。matlab.unittest.TestResult 配列として指定します。

テスト結果の詳細の修飾子。matlab.unittest.plugins.plugindata.ResultDetails クラスのインスタンスとして指定します。TestResult オブジェクトの Details プロパティを変更する必要がある場合、ResultDetails を使用します。

バージョン履歴

R2019b で導入

すべて展開する