Main Content

matlab.unittest.plugins.plugindata.TestSuiteRunPluginData クラス

パッケージ: matlab.unittest.plugins.plugindata
スーパークラス: matlab.unittest.plugins.plugindata.PluginData, matlab.unittest.plugins.plugindata.RunPluginData

TestSuite の実行される部分について記述するプラグイン データ

説明

matlab.unittest.plugins.plugindata.TestSuiteRunPluginData クラスは、テスト ランナーによってプラグイン メソッドに渡される、TestSuite の実行される部分を拡張するデータを定義します。

テスト フレームワークはこのクラスをインスタンス化します。matlab.unittest.plugins.plugindata.TestSuiteRunPluginData クラスのオブジェクトを直接作成することはできません。

matlab.unittest.plugins.plugindata.TestSuiteRunPluginData クラスは handle クラスです。

プロパティ

すべて展開する

テスト ランナーによって実行される TestSuite の部分の名前。文字ベクトルとして返されます。Name プロパティは、情報提供、ラベル付け、表示の目的に使用できます。このプロパティを使用してテスト内容を検査することはできません。

属性:

GetAccess
public
SetAccess
immutable

TestSuite の実行される部分の要素。matlab.unittest.TestSuite 配列として返されます。

属性:

GetAccess
public
SetAccess
immutable

TestSuite の実行される部分の結果。matlab.unittest.TestResult 配列として返されます。

属性:

GetAccess
public
SetAccess
アクセスを制限

TestSuite 全体を分割してできるグループの数。正の整数スカラーとして返されます。NumGroups は、テストを逐次モードで実行する場合は 1 と等しくなり、テストを並列実行する場合は 1 より大きくできます。

属性:

GetAccess
public
SetAccess
immutable

TestSuite の実行される部分の識別子。1NumGroups の正の整数スカラーとして返されます。

属性:

GetAccess
public
SetAccess
immutable

TestSuite の実行される部分に関連するデータを格納および取得するためのデータ バッファー。matlab.unittest.plugins.plugindata.CommunicationBuffer オブジェクトとして返されます。CommunicationBuffermatlab.unittest.plugins.Parallelizable インターフェイスの storeIn メソッドおよび retrieveFrom メソッドとともに使用します。

CommunicationBuffer プロパティは、テストをカスタム プラグインで並列実行する場合に便利です (Parallel Computing Toolbox™ が必要)。

属性:

GetAccess
public
SetAccess
private

テスト結果の詳細の修飾子。matlab.unittest.plugins.plugindata.ResultDetails オブジェクトとして返されます。ResultDetailsTestResult オブジェクトの Details プロパティを変更する必要がある場合に使用します。

属性:

GetAccess
public
SetAccess
private

バージョン履歴

R2014a で導入

すべて展開する