Main Content

runTestClass

クラス: matlab.unittest.plugins.TestRunnerPlugin
パッケージ: matlab.unittest.plugins

同一クラスまたは同一関数からの Test 要素の実行の拡張

説明

runTestClass(plugin,pluginData) は、同じテスト クラス、関数またはスクリプトに属しているテストの実行を拡張します。このメソッドは、テスト ランナーによって実行される完全な TestSuite 配列のサブセットに適用されます。このテスト フレームワークは、runTestSuite メソッドのスコープ内でこのメソッドを評価します。共有テスト フィクスチャのセットアップと破棄 (setupSharedTestFixture および teardownSharedTestFixture) の間でこのメソッドを評価します。テスト フレームワークが共有テスト フィクスチャのセットアップを完了した場合、テスト フレームワークはこのメソッドを各テスト クラスにつき 1 回呼び出します。

入力引数

すべて展開する

プラグイン。matlab.unittest.plugins.TestRunnerPlugin オブジェクトとして指定します。

実行される Test 要素に関する情報。matlab.unittest.plugins.plugindata.RunPluginData オブジェクトとして指定します。テスト フレームワークはこの情報を使用してプラグインにテスト内容を記述します。

属性

Accessprotected

メソッドの属性の詳細については、メソッドの属性を参照してください。

すべて展開する

プラグインを作成して runTestClass メソッドをオーバーライドし、実行時にテスト内容のラベルを出力します。

classdef ExamplePlugin < matlab.unittest.plugins.TestRunnerPlugin
    methods (Access=protected)
        function runTestClass(plugin,pluginData)
            fprintf('### Running test class: %s\n',pluginData.Name)
            runTestClass@ ...
                matlab.unittest.plugins.TestRunnerPlugin(plugin,pluginData)
        end
    end
end

バージョン履歴

R2014a で導入