Main Content

runTest

クラス: matlab.unittest.plugins.TestRunnerPlugin
パッケージ: matlab.unittest.plugins

単一の Test 要素の実行の拡張

説明

runTest(plugin,pluginData) は、単一のテスト スイート要素の実行を拡張します。このメソッドを使用すると、TestSuite 配列のスカラー Test 要素を実行するメソッドをオーバーライドすることができます。これには、TestCaseTestMethodSetup ルーチンおよび TestMethodTeardown ルーチンの作成が含まれます。テスト フレームワークがすべてのフィクスチャのセットアップを完了した場合、テスト フレームワークはこのメソッドを各 Test 要素につき 1 回呼び出します。

入力引数

plugin

プラグイン オブジェクト。matlab.unittest.plugins.TestRunnerPlugin クラスのインスタンスとして指定します。

pluginData

Test 要素情報。matlab.unittest.plugins.plugindata.RunPluginData クラスのインスタンスとして指定します。テスト フレームワークはこの情報を使用してプラグインにテスト内容を記述します。

すべて展開する

実行時にテスト要素のラベルを印刷します。

classdef ExamplePlugin < matlab.unittest.plugins.TestRunnerPlugin
    methods (Access = protected)
        function runTest(plugin, pluginData)
            fprintf('### Running test: %s\n', pluginData.Name)
            runTest@matlab.unittest.plugins.TestRunnerPlugin(...
                plugin, pluginData);
        end
    end
end

バージョン履歴

R2014a で導入