ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

matlab.net.http.field.SetCookieField クラス

パッケージ: matlab.net.http.field
スーパークラス: matlab.net.http.HeaderField

HTTP Set-Cookie ヘッダー フィールド

説明

SetCookieField オブジェクトは、サーバーによって作成された応答メッセージに示されます。メッセージは 1 つ以上の Set-Cookie フィールドをもつことができます。Value プロパティを CookieInfo オブジェクトとして抽出するには、convert メソッドを呼び出します。

クラスの属性

Sealed
true

クラス属性の詳細については、クラスの属性を参照してください。

プロパティ

すべて展開する

ヘッダー フィールド名。'Set-Cookie' として指定します。

属性:

GetAccess
public
SetAccess
public

ヘッダー フィールド値。string として指定します。

属性:

GetAccess
public
SetAccess
public
Dependent
true

メソッド

すべて展開する

すべて折りたたむ

r = matlab.net.http.RequestMessage();
uri = matlab.net.URI('http://httpbin.org/cookies/set?xxx=zzz&abc=def');
opts = matlab.net.http.HTTPOptions('MaxRedirects',0);
resp = r.send(uri,opts);
setCookieFields = resp.getFields('Set-Cookie');
if ~isempty(setCookieFields)
   cookieInfos = setCookieFields.convert(uri);
   r = r.addFields(matlab.net.http.field.CookieField([cookieInfos.Cookie]));
end
resp = r.send('http://httpbin.org/cookies');
disp(resp.Body.Data.cookies)
    abc: 'def'
    xxx: 'zzz'

R2016b で導入